ノーベル文学賞候補の中国人女性は「魯迅に最も近い作家」―中国メディア

配信日時:2019年10月8日(火) 9時40分
ノーベル文学賞候補の中国人女性は「魯迅に最も近い作家」―中国メディア
画像ID  1131324
6日、中国紙・長沙晩報は、今年のノーベル文学賞の候補に挙がっている中国人作家について紹介する記事を掲載した。資料写真。
2019年10月6日、中国紙・長沙晩報は、今年のノーベル文学賞の候補に挙がっている中国人作家について紹介する記事を掲載した。

英ブックメーカーのナイサーオッズが発表したノーベル文学賞受賞予想で、中国人女性作家の残雪(ツァン・シュエ)氏が、掛け率9倍で3番人気につけていると記事は紹介。日本の作家・村上春樹氏と同率となっている。ほかにも、余華(ユー・ホア)氏や詩人の楊煉(ヤン・リエン)氏も候補に挙がっていると伝えた。

その上で記事は、残雪氏について、本名は●小華(●は登におおざと、デン・シャオホア)と言い、1953年に湖南省長沙市で生まれたと紹介。85年に最初の小説を発表して以来、数多くの作品を送り出しており、米国や日本の文学界からは「20世紀中期以来、中国文学界で最も創造性のある作家の1人」と評されていると伝えた。

また、「残雪氏は、作品が海外で最もよく翻訳される中国人女性作家」として、同氏の小説が日米の複数の大学の教材となったことなどを説明。さらに、「最もパイオニア気質を有し、個性的なスタイルの作家の1人」と指摘した。残雪氏はノーベル賞受賞候補となっているだけでなく、世界に影響を与える現代中国作家であるという。日本では、河出書房新社や文藝春秋などが残雪氏の作品を出版しており、米国やドイツ、イタリア、フランスの出版社からも出版されていると記事は伝えた。

記事によると、残雪氏は「現在のところ、魯迅に最も近い作家」と呼ばれたこともあるという。代表作品には「黄泥街」、「蒼老たる浮雲」、「最後の恋人」などがある。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事