「日本がまた」=比への軍用装備提供、「危険なシグナル」と中国メディア

Record China    2019年10月8日(火) 6時50分

拡大

6日、中国の軍事専門番組「利刃軍事」のアカウントは、日本が再び制約を突破してフィリピンに軍用装備を提供し始めたと主張する評論記事を発表した。資料写真。

2019年10月6日、中国の軍事専門番組「利刃軍事」のアカウントは、「日本が再び制約を突破してフィリピンに軍用装備を提供し始めた」と主張する評論記事を発表した。以下はその概要。

日本は世界第3の経済大国だが、政治や軍事面では経済と同等の地位を得られていない。その主な理由は第2次世界大戦敗戦国としての制約だ。しかし日本はこれに甘んじることなく、攻撃的な軍事力を発展させ続けており、外国への軍事援助提供まで始めたのだ。

先日、日本政府は政府開発援助を利用してフィリピン軍への軍用設備の一部提供を開始した。しかしこれは、外国軍への援助を禁止する政府開発援助のルールに反するものであるとともに、専守防衛のみが認められている日本による外国への軍事援助提供は、国外への軍事的影響力の拡散という疑念も生じる。

日本メディアの報道によれば、日本がフィリピン軍に提供するのは生命救助システムや各種の民用品だという。しかし、そこには自衛隊が通常の行動で用いる多くの装備が含まれており、事実上は軍用設備の支援である。今回だけ見れば取るに足らないが、長期的に見れば非常に危険なシグナルなのだ。

現在日本は軍事支援により自らの武器の販路拡大を目指している。ひとたび販路ができれば、注文を増やし、軍需工業の生産能力拡大を期すことだろう。

「雨だれ石を穿つ」という道理は皆がよく知っているところだ。ここ数年の日本の行動からは、一歩ずつ蚕食しながら進むという計画が見て取れる。もともと許されていなかった水陸攻撃部隊やミサイル攻撃を徐々に発展させ、遠洋地域の軍事訓練も日増しに増えている。日本を縛る鎖が、すでに揺すり落ちそうになっていると言わざるを得ない。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携