中国の新型レーダー、B-2ステルス戦略爆撃機を撃墜可能に―中国メディア

配信日時:2019年10月8日(火) 11時30分
中国の新型レーダー、B-2ステルス爆撃機を撃墜可能に―中国メディア
画像ID  1131315
5日、新浪軍事は、撃墜が難しいとされる米国のB-2ステルス戦略爆撃機について、中国の新型レーダーで撃墜可能だとする記事を掲載した。写真はB-2。
2019年10月5日、新浪軍事は、撃墜が難しいとされる米国のB-2ステルス戦略爆撃機について、中国の新型レーダーで撃墜可能だとする記事を掲載した。

記事はB-2について「撃ち落とすのが不可能なのではなく、撃ち落とせるミサイルはたくさんある」とする一方で、問題はその追跡が難しいことだと指摘。「先進的なレーダーでB-2を探査することができれば、撃ち落とチャンスは生まれる」とした。

そして、現在世界で対ステルスレーダーを持つのは米国、中国、ロシアの3カ国のみであり、中でも中国は世界で最も先進的な第4世代メートル波レーダーの開発に成功したと伝えている。また、ロシアでも近いうちにS-500防空ミサイルシステムがリリースされ、ステルス戦闘機に打撃を与える力が強まると紹介した。

記事はそのうえで「ステルス戦闘機、反ステルスレーダー、ミサイルの三つが一緒に効果を発揮することで、まとわりついてくる飛行機を撃滅させる確率が大きく高まるのだ」と伝えている。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/10/08 23:52)

    まあ、ステルス機ってのはレーダーに「映らない」ないしは「映りづらい」ってのが最大の武器な訳だから、探査装置が進歩すればその有用性は失われるんだよね。 特に戦略爆撃機であるB2は戦闘機を躱せる機動性もなければ空戦能力も持ってないだろうから、「発見」さえしてしまえば撃ち落とせない存在ではないだろうし。 尤も、同じ事は全てのステルス機にも言えるんだけどね。 日本は欠陥品のF35大量に買うくらいなら、同じ金払ってアメさんからステルスレーダー貰った方が良かったんじゃないかね。まあ、そんなものが本当に完成してるならって話ではあるけど。 兵器の世界は万物を貫く矛と万物を防ぐ盾、つまり「矛盾」の話の繰り返しだ。そして先進的な着眼点を持つ者がその世界で優位を獲得する。 その点じゃ、日本は後追い後追いでダメだなあと思うね。 別に兵器大国になって貰いたい訳でもないけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/10/08 12:38)

    なんだ、結局は願望を垂れ流しただけか。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事