【動画】中国観光地の無人販売「1元ランチ」に人殺到、集まった額を数えたら驚きの結果に

配信日時:2019年10月7日(月) 18時30分
中国観光地の無人販売「1元ランチ」に人殺到、集まった額を数えたら…
画像ID  1131312
6日、中国新聞社は、河南省の老君山景区で建国70周年を祝う「1元ランチ」が振る舞われ、多くの市民が利用したと報じた。
2019年10月6日、中国新聞社は、中国河南省洛陽市の老君山景区で建国70周年を祝う「1元(約15円)ランチ」が振る舞われ、多くの市民が利用したと報じた。

その他の写真

以前、現地では価格1元、支払うかどうかは客の意志に任された無人システムを採用した「1元ランチ」が注目を集めた。今年の国慶節連休中にも、この「1元ランチ」が催された。

今月1~7日の連休期間中、現地の名物料理である「長寿麺」やサツマイモの蒸し物、ウズラの卵などからなる「1元ランチ」料理が会場の巨大テーブルに並べられ、そこに市民による長蛇の列が出現した。

現地の関係者によると、食事の原価は1元をやや上回るものの、同景区の運営会社が足りない部分を補ったという。

1日の初日には1500食、2日目には倍の3100食が売れたが、代金箱に入っていたお金はそれぞれ1602元、3272元となり、「きっとお金を入れない人もいるだろう」という当初の予想を覆し、逆に274元も多いという驚きの結果になったという。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事