世界陸上男子400mリレー、日本は銅、中国6位=蘇炳添「もっと頑張らないと」―中国メディア

配信日時:2019年10月6日(日) 13時0分
世陸男子400mリレー、日本は銅、中国6位=蘇炳添「もっと頑張らないと」
画像ID  1131185
5日の陸上・世界選手権(ドーハ)男子400メートルリレー決勝で、多田修平、白石黄良々、桐生祥秀、サニブラウン・ハキームの日本が37秒43のアジア記録をたたき出し、2大会連続の銅メダルを獲得した。資料写真。
5日の陸上・世界選手権(ドーハ)男子400メートルリレー決勝で、多田修平、白石黄良々、桐生祥秀、サニブラウン・ハキームの日本が37秒43のアジア記録をたたき出し、2大会連続の銅メダルを獲得した。

中国は4日の予選で負傷した謝震業(シエ・ジェンイエ)を欠き、蘇炳添(スー・ビンティエン)、許周政(シュー・ジョウジョン)、呉智強(ウー・ジーチアン)、別舸(ビエ・ガー)のオーダーで臨んだが38秒02で6位に終わった。

予選は、日本が37秒78、中国はナショナルレコードを更新する37秒79だった。

中国上海紙の文匯報によると、決勝のレース後、蘇は「日本は中国ができなかったことができていた。中国はもっと頑張らないといけない」とコメントしていたという。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事