Record China

ヘッドライン:

「日本国民みんなが習主席の訪日を心待ちに」=安倍首相が中国メディアのインタビューに答える

配信日時:2019年10月5日(土) 10時50分
拡大
日本の安倍晋三首相は2日午後、中央広播電視総台のインタビューに答え、来春に予定されている習近平国家主席の訪日に期待感を示した。写真は安倍首相。

日本の安倍晋三首相は2日午後、中央広播電視総台(CMG)のインタビューに答え、来春に予定されている習近平(シー・ジンピン)国家主席の訪日に期待感を示した。

同メディアの記者から「10月1日に中華人民共和国は建国70周年を迎えました。首都北京では盛大な祝賀イベントとパレードが行われました。これについてご感想、あるいはメッセージがありましたらお聞かせください」と問われた安倍首相は、「まず、中国が建国70周年を迎えられましたこと、日本国民を代表してお祝い申し上げたいと思います。中曽根元総理と共に1980年に北京を訪問しましたが、その時は本当にたくさんの人たちに私たち一行を迎えていただきました。その時の景色と、その後、私が総理になって訪問した時の景色は一変しておりまして、まさに中国の国民の皆さんの努力で大変な成長を遂げられたなと改めてそう思っています」と述べた。

日中関係については、「両国の国民の理解が進み、それが国と国との関係を強靭(きょうじん)なものにしていると思います。そして、中国は日本にとって最大の貿易相手国でもありますし、日本企業の(中国の)拠点数は3万を超えています。経済の関係においてもお互いに今、両国経済は緊密なものになっていると同時に、お互いがお互いを必要としている関係になっているんだと思います。この1972年以来の日中関係の発展を、今申し上げた状況が示しているんだろうなと思います」と語った。

また、習主席の国賓訪問については「日本国民みんなが習主席の訪日を心待ちにしています」とし、「ちょうど中国が建国70周年を迎えた今年、日本は平成から令和に時代が移りました。この令和時代の新たな日中関係のスタートを告げる国賓訪問となることを、期待をしています」と語った。

さらに、「来年は、東京オリンピック・パラリンピックがあります。まあ、ここでもおそらく中国は活躍されるんだろうと思いますが、2022年には中国で冬季オリンピックが開催をされるわけであります。このアジアでこうした大きなスポーツのイベントが連続して開催をされるわけでありますが、そうしたスポーツの分野においても日中で協力しながら、それぞれ成功させていきたいなと思います。政治、外交だけではなくて、人と人との交流、さまざまな分野で日中関係をより強固なものにしていきたいと思っています」と述べた。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング