韓国ゴルファーが観客に中指立て3年間の韓国ツアー出場停止処分に、海外メディアが驚き「厳し過ぎる」

配信日時:2019年10月4日(金) 10時50分
韓国ゴルファーが中指立て3年間の出場停止処分に、海外メディア「厳し過ぎる」
画像ID  1130740
2日、韓国メディア・韓国経済は、プレー中にカメラのシャッター音を出した観客に対し中指を立てたプロゴルファーのキム・ビオへの処分に対する海外メディアの反応を報じた。資料写真。
2019年10月2日、韓国メディア・韓国経済は、プレー中にカメラのシャッター音を出した観客に対し中指を立てたプロゴルファーのキム・ビオへの処分に対する海外メディアの反応を報じた。

キムは先月29日、韓国・慶尚北道で行われた韓国ツアー「DGB金融グループ・ボルヴィック大邱慶北オープン」の最終日、16番ホールでショットの途中に観客のシャッター音にプレーを妨害されたとして、観客に向かって中指を立てた。これを受け、韓国プロゴルフ協会(KPGA)の賞罰委員会はキムに1000万ウォン(約89万円)の罰金と3年間の国内ツアー出場停止処分を科した。

記事によると、米ゴルフドットコムは、キムに下された処分内容について「KPGAのエチケットは米ツアーや欧州ツアーに比べかなり厳しい」と指摘し、米ツアーでもスペイン選手が悪質なファンに対し中指を立てたが処分を受けなかったと説明した。記事は「3年の出場停止処分に対し海外メディアの多くが驚きを見せたが、韓国のゴルフ界からは賛否両論の声が上がっている」と伝えている。

あるプロゴルファーは「2018年のKPGAクォリファイングトーナメントで、ある選手がささいな不正行為により10年の出場停止処分を受けた」とし「(キムの場合)最低10年、最悪は除名処分と予想していたが、3年の出場停止だった。キムの過ちはその選手よりも軽いと言えるだろうか」と主張した。一方、あるゴルフ関係者は「協会がキムにその場でペナルティーを科すなり失格にするなり何らかの処罰を科していれば、これほどまで大ごとにはならなかっただろう」とし「キムはすでに批判の嵐にさらされており、これを考慮した協会が3年の出場停止処分を科した。海外ツアーには参加できるとはいえ、あまりに厳しい処罰だ」と反論したという。

これに、韓国のネットユーザーからは賛否のコメントが寄せられている。「3カ月の出場停止なら分かるけど3年はオーバーだ」「どう考えても厳し過ぎる。社会的な罪を犯したわけではないのに…」「3年は長過ぎる。心から謝罪して罰金を支払って…。これくらいでいいのに」「処罰は選手が自らの過ちを反省する期間だ。3年の出場停止は選手生命を絶つに値する」などKPGAの処分内容は重過ぎるとの声が上がっている。

一方で「3年はあまりに短い。永久除名を」「国内試合のみ出場停止だなんて軽過ぎる。日本や米国に行けばそれで済む。プロ資格の剥奪が適当だ」「ファンがいるからこそプロはやっていける!(出場資格)永久停止が妥当だ」「あってはならない行為をしたのに3年だなんて。すぐにでも選手資格を剥奪するべきだ」などキムへの厳しいコメントも寄せられている。

また「選手がプレーに集中できないほどマナーのなっていないギャラリーには処分なし?」「ギャラリーの悪行にはおとがめなしで、選手には重い処分」「ビオが過ちを犯しはしたけど、その原因をつくったギャラリーはなぜ処罰されないのか。ギャラリーも同様に処罰するべきだ」など選手だけでなくギャラリーにも処分を求めるコメントも見られる。(翻訳・編集/長居)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事