Record China

ヘッドライン:

文大統領がチョ・グク法相問題に言及「国論分裂とは思わない」=韓国ネットは猛反発

配信日時:2019年10月8日(火) 19時50分
拡大
7日、韓国・東亜日報によると、チョ・グク法相をめぐる論争が国民の対立を呼んでいることに関連し、文在寅大統領が「政治的事案について、国民の意見が分かれるのはあり得ること。これを国論分裂だとは思わない」と述べた。写真はチョ法相の辞任を求めるソウルのデモ。

2019年10月7日、韓国・東亜日報によると、チョ・グク法相をめぐる論争が国民の対立を呼んでいることに関連し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「政治的事案について、国民の意見が分かれるのはあり得ること。これを国論分裂だとは思わない」と述べた。

記事によると、文大統領は同日の首席秘書官・補佐官会議で「国民のさまざまな声を重い心で聞いている」とし、このように発言した。また「代議政治が十分に民意を反映できていないと考えた時、国民が直接、意思表示をすることは、代議民主主義を補完する直接民主主義の行為として肯定的な面もある」「そうした面で、自分の大切な時間と費用を投じ、声を送ってくださった国民に感謝している」とも述べたという。

さらに「政治的な意見の違いや活発な討論のレベルを超えた深い対立に陥ること、政治がそこに埋没することは、決して望ましくない」とも強調。「多くの国民が意見を表現し、社会全体が傾聴する時間も持っただけに、今後は問題を順序立てて解決していけるよう、知恵を集めてほしい」と呼び掛けたという。

文大統領のこの発言を受け、韓国のネットユーザーからは「国民の願いは、チョ・グクなき検察改革だ」「分裂の主導者。もうあなたの言葉は信じられない」「これが国論分裂ではないと思うなんてどうかしている」「大統領1人がそう思ってるからって、現実は変わらない。分からないのか、分かっていて無視しているのか」「実に便利な状況認識だね。自分が生んだ対立なのだから、そう言うしかないんだろうけど」「国民は検察改革をそんなに熱望しているんだろうか?確かなのは、罪を犯したら監獄へ行くということだけだ。チョ・グクでも、誰でもね」など非難する声が殺到している。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国・文大統領のチョ法相任命、「支持層の離脱怖くて強行なら誤った判断」と主要紙

韓国の文大統領がチョ法相の任命に踏み切ったことについて、中央日報は「戦略的な誤判断」と指摘。「今でも文大統領を支持しているが、任命に批判的な支持層に対抗していることが今回の事態の本質」との見方を示した。写真はムン・ジェイン政権の政策に対するデモ。

Record China
2019年9月20日 22時20分
続きを読む

ランキング