フォーブスの米富豪ランキング、「意外な人物」がランクイン―米華字メディア

配信日時:2019年10月5日(土) 19時0分
フォーブスの米富豪ランク、「意外な人物」ランクイン―米華字メディア
画像ID  1130727
3日、米華字メディア多維新聞は、米誌フォーブスが発表した米国の長者番付「フォーブス400」で、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾス氏が昨年に続き1位を獲得する一方、意外な人物が上位に入ったと報じた。写真はビル・ゲイツ氏。
2019年10月3日、米華字メディア多維新聞は、米誌フォーブスが発表した米国の長者番付「フォーブス400」で、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾス氏が昨年に続き1位を獲得する一方、意外な人物が上位に入ったと報じた。

記事は、今年の同番付でベゾス氏が昨年の1600億ドル(約17兆円)から460億ドル(約5兆円)資産を減らすも、1160億ドル(約12兆円)で1位を維持したと紹介した。

そして、2位以下のトップ10がマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、著名投資家のウォーレン・バフェット氏、Facebook創始者のマーク・ザッカーバーグ氏、オラクルCEOのラリー・エリソン氏、GoogleCEOのラリー・ペイジ氏、Google共同創業者のセルゲイ・ブリン氏、元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏、マイクロソフト前CEOのスティーブ・バルマー氏、ウォルマート創業者の三男ジム・ウォルトン氏の順となったことを伝えている。

記事はまた、「意外な人物」として、今年ベゾス氏と離婚したばかりのマッケンジー・ベゾス氏が361億ドル(約3兆9000億円)の資産で15位に入ったと紹介。離婚に伴う財産分与でジェフ氏の持つAmazon株の4分の1、全Amazon株の4%を譲り受けたことでランクインしたと説明した。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事