Record China

ヘッドライン:

<サッカー>広州恒大が浦和に完敗、「日本戦不敗神話」が崩壊の危機―中国メディア

配信日時:2019年10月3日(木) 12時10分
拡大
2日、騰訊体育は、サッカーAFCチャンピオンズリーグの準決勝、浦和レッズ―広州恒大の第1試合で浦和が2-0と勝利し、広州の「対日本戦不敗神話」が崩壊の危機を迎えたと報じた。

2019年10月2日、騰訊体育は、サッカーAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝、浦和レッズ―広州恒大の第1試合で浦和が2-0と勝利し、広州の「対日本戦不敗神話」が崩壊の危機を迎えたと報じた。

記事は、2日に埼玉スタジアムで行われた第1試合で広州が浦和に0-2で敗れたことについて「2試合制のACL決勝トーナメントでは、日本勢相手に初めて第1試合で負け、しかも2点差をつけられた」と紹介。広州は決勝トーナメントで過去7回日本勢と対戦し、いずれも勝ち上がっている。

これまでACLの決勝トーナメントで日本に対して無類の強さを誇ってきた広州だが、2015年の準決勝でガンバ大阪に2-1で辛勝して以降は日本勢に対するアドバンテージが徐々に薄れてきていると指摘。2017年と今年対戦した鹿島には、いずれもアウェーゴール差で勝つという際どさだったとした。「それでも最後に笑ってきたのは広州で、決勝トーナメントでは対日本勢7連勝という記録を作った。しかし今回の広州は、大きな試練に直面した」と伝えている。

そして、18日にホームで行われる第2試合での広州の「最低条件」は、まず90分を2-0でリードした上で延長戦に持ち込むことだと紹介。それ以外では3点差以上つけなければ浦和のアドバンテージをひっくり返すことはできないとした。

記事は「現在チーム状態が全くさえない広州にとってこれは絶体絶命のピンチだ。広州が持つ誇らしい記録が打ち破られるかどうか、全ては次の試合にかかっている」とし、広州にとって次戦がホームながらも非常に厳しい戦いになるとの見方を示した。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<サッカー>浦和に敗れた上海の選手、試合後に審判に詰め寄る=中国ネット「また審判のせいに?」「中国リーグと勘違いしている」

17日に行われたサッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)浦和レッズ対上海上港(中国)の試合後、上海のブラジル人選手オスカルが審判に詰め寄り、不満をあらわにする場面があった。写真は浦和レッズ対上海上港。

Record China
2019年9月18日 12時10分
続きを読む

<サッカー>韓国勢まさかの全滅で「前代未聞の屈辱」と韓国メディア、審判に不満も

中国のスポーツメディア・騰訊体育は27日、サッカーのACL決勝トーナメント1回戦で韓国の全北現代が中国の上海上港に敗れたことについて、韓国の一部のメディアから「上海は審判のひいきを受けた」との指摘が出ていると伝えた。写真は上海上港。

Record China
2019年6月27日 18時0分
続きを読む

ランキング