<サッカー>広州恒大が浦和に完敗、「日本戦不敗神話」が崩壊の危機―中国メディア

配信日時:2019年10月3日(木) 12時10分
広州恒大が浦和に完敗、「日本戦不敗神話」が崩壊の危機―中国メディア
画像ID  1130513
2日、騰訊体育は、サッカーAFCチャンピオンズリーグの準決勝、浦和レッズ―広州恒大の第1試合で浦和が2-0と勝利し、広州の「対日本戦不敗神話」が崩壊の危機を迎えたと報じた。
2019年10月2日、騰訊体育は、サッカーAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝、浦和レッズ―広州恒大の第1試合で浦和が2-0と勝利し、広州の「対日本戦不敗神話」が崩壊の危機を迎えたと報じた。

記事は、2日に埼玉スタジアムで行われた第1試合で広州が浦和に0-2で敗れたことについて「2試合制のACL決勝トーナメントでは、日本勢相手に初めて第1試合で負け、しかも2点差をつけられた」と紹介。広州は決勝トーナメントで過去7回日本勢と対戦し、いずれも勝ち上がっている。

これまでACLの決勝トーナメントで日本に対して無類の強さを誇ってきた広州だが、2015年の準決勝でガンバ大阪に2-1で辛勝して以降は日本勢に対するアドバンテージが徐々に薄れてきていると指摘。2017年と今年対戦した鹿島には、いずれもアウェーゴール差で勝つという際どさだったとした。「それでも最後に笑ってきたのは広州で、決勝トーナメントでは対日本勢7連勝という記録を作った。しかし今回の広州は、大きな試練に直面した」と伝えている。

そして、18日にホームで行われる第2試合での広州の「最低条件」は、まず90分を2-0でリードした上で延長戦に持ち込むことだと紹介。それ以外では3点差以上つけなければ浦和のアドバンテージをひっくり返すことはできないとした。

記事は「現在チーム状態が全くさえない広州にとってこれは絶体絶命のピンチだ。広州が持つ誇らしい記録が打ち破られるかどうか、全ては次の試合にかかっている」とし、広州にとって次戦がホームながらも非常に厳しい戦いになるとの見方を示した。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事