Record China

ヘッドライン:

「台湾が日本の弟に成り下がった」=国民党が蔡英文政権に謝罪要求―中国メディア

配信日時:2019年10月3日(木) 10時50分
拡大
2日、環球網は、台湾の外交部長が日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫代表を「敬愛する兄貴」と発言したことについて、野党の国民党が猛烈な批判を浴びせていると報じた。写真は民進党の看板。

2019年10月2日、環球網は、台湾の呉●燮(ウー・チャオシエ、●は金偏にりっとう)外交部長が日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫代表を「敬愛する兄」と発言したことについて、野党の国民党が猛烈な批判を浴びせていると報じた。

記事は、呉部長が沼田代表に「特殊外交褒章」を授与した際、「私が最も敬愛する兄」と発言したことが台湾島内で物議を醸していると紹介。国民党幹部も2日の党内会議で褒章の授与を決めた蔡英文(ツァイ・インウエン)総統に対し「外交的に自らを矮小(わいしょう)化する行為だ」との痛烈な批判を浴びせたとし、同党の呉敦義(ウー・ドゥンイー)主席は蔡政権に謝罪を求めたという。

そして、台湾・中国時報電子版の2日付報道を引用し、「外交部長の身分で沼田氏に外交褒章を与え、公然と『兄貴』と称したことで、台湾は日本の『弟』に成り下がった」「蔡政権はこの3年間、日本におもねることを繰り返し、漁業権、食品輸入、輸入関税、慰安婦、歴史教科書問題などで譲歩ばかりしてきた。日本人の前で自らを矮小化することに甘んじている」といった国民党幹部の声を紹介した。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング