台湾のオススメ博物館、ミニチュアやブリキのおもちゃ、ウルトラマンも!

配信日時:2019年10月3日(木) 22時40分
台湾オススメ博物館、ミニチュアやブリキのおもちゃ、ウルトラマンも!
画像ID  1130344
以前ご紹介した商店街「四平街」からも近い、MRT松江南京駅から歩いて5分ほどでたどり着ける小さなお手軽博物館「袖珍博物館」をご紹介したい。
すっかり秋らしくなり日中も爽やかな風が吹くようになった台湾。観光のベストシーズンになり街では台湾旅行を楽しむ日本人観光客をよく目にする。10月の3連休には親子で台湾を訪れる人も多く、安全性や親日家が多いという理由からも秋の修学旅行に台湾を選ぶ学校も年々増えているようだ。集団で街を歩く日本人学生の姿も見かける。今回はそんな家族旅行や、修学旅行の自由行動にぜひオススメの博物館をご紹介しよう。

その他の写真

以前のブログで紹介した商店街「四平街」からも近い、MRT松江南京駅から歩いて5分ほどでたどり着ける小さなお手軽博物館「袖珍博物館」だ。大きなオフィスビルの一角にある地下一階の博物館。ここには世界中のありとあらゆるミニチュアやおもちゃが展示されている。

ヨーロッパのアンティークの世界をミニチュアで再現したものや、子供に人気のおとぎ話の世界をミニチュア化したものなど、全て作家による手作りの作品が展示されており、棚の中から窓の向こう側まで、驚くべき点は部屋の隅々までもが12分の1をベースに忠実に再現されているのだ。その細かさはまさに圧巻!

日本の街を再現したミニチュアも人気。駄菓子店や蕎麦屋などのなつかしいテイストをミニチュアの世界で表現しており、そのクオリティーは思わず立ち止まって吸い込まれるように見入ってしまうほど。

また、イギリスの王宮をミニチュア化したものなど、小さな博物館の中にありとあらゆる世界が閉じ込められていて、まるで世界一周旅行をしたような気分になる。

「子供の頃のヒーロー展」コーナーにはウルトラマンや戦隊モノの懐かしのおもちゃが多数展示されていて、台湾にいることを忘れてしまうような不思議な雰囲気。日本の特撮モノがアジアでも人気なのがよく分かる。

館内を巡った最後にはミュージアムショップでお土産を購入することもできる。世界各国から集められたミニチュアがずらりと並び、子供の頃遊んでいた人形遊びやままごとを思い出させてくれる。

入館料は大人200元、12歳までの子供なら120元と良心設定。1時間ほどで巡れるのでお手軽な博物館体験ができる。家族旅行や親子での旅行にもぜひオススメの博物館だ。(提供/フライメディア)
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「台湾ミニチュア博物館」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事