ストライプインターナショナルが佐藤ノアさんとのコラボ商品を日中同時発売、その他

配信日時:2019年10月2日(水) 9時20分
佐藤ノアさんとのコラボ商品を日中同時発売、その他
画像ID  1130179
ストライプインターナショナル(本社・岡山市)はモデル、インスタグラマー、アーティストなどとして活躍する佐藤ノアさんとのコラボレーション商品(写真)を11月1日に日中で同時発売する。
ストライプインターナショナル、佐藤ノアさんとのコラボ商品を日中同時発売 / コクヨのオフィスチェアーが中国の国際デザイン賞を受賞 / ブランドショップ展開のセキドが労働者派遣事業などで許可取得、主な対象は中国人 / マーチャントバンカーズが香港BS証券との提携でSTOビジネスや香港証取への上場支援など

●ストライプインターナショナル、佐藤ノアさんとのコラボ商品を日中同時発売
ストライプインターナショナル(本社・岡山市)はモデル、インスタグラマー、アーティストなどとして活躍する佐藤ノアさんとのコラボレーション商品のコート3型、ブーツ1型の計4型を11月1日に日中で同時発売する。1日付で発表した。

同社主力ブランドの「earth music&ecology」のシリーズとして、自社ECサイトで同月17日に先行予約を開始し、日本では同日、中国では20日に佐藤ノアさんが商品を紹介するライブ配信を行う。

●コクヨのオフィスチェアーが中国の国際デザイン賞を受賞、国内外で通算6回目
コクヨ(本社・大阪市)は1日、同社のオフィスチェアー「ing」が、中国美術学院の主催する国際デザイン賞「Design Intelligence Award(DIA)2019」を受賞したと発表した。

DIAには過去3年間で52の国と地域から約1万3000の応募があり、全応募品の中から、金賞として2点、銀賞として10点が選ばれる。コクヨは銀賞受賞について「とても栄誉ある受賞」との見方を示した。

「ing(イング)」には、体の動きに合わせて座面が前後左右360度自由に動く特徴などがあるという。「2018年度グッドデザイン賞」に始まり、これまで国内外のデザイン賞を通算6度獲得した。

●ブランドショップ展開のセキドが労働者派遣事業などで許可取得、主な対象は中国人
ブランドショップ「GINZA LoveLove」を全国に14店舗展開するセキドは1日、厚⽣労働省より労働者派遣事業及び有料職業紹介事業についての許可を取得したと発表した。

セキドは中国の新幹線教育グループ、上海商学院、北⽅⻩⾦珠宝学院と業務提携しており、日本で働くことを望む優秀な中国人スタッフの受け入れを増やしていく考えだ。

労働者派遣事業・有料職業紹介事業の許可取得は、中国を中⼼とした海外出⾝で在留資格を持ち、日本での就業希望者に、快適で公正な条件で安⼼して働ける環境を提供することを目的とする。セキドは受け入れ態勢を強化し自社独自の教育プログラムを実施し、他の企業へ紹介・派遣も⾏うことで、優秀な人材をより多く受け入れていく予定だ。

●マーチャントバンカーズ、香港のBS証券と提携しSTOビジネスや香港証取への上場支援など
マーチャントバンカーズは9月30日、香港の証券会社であるBS SECURITIES(BS証券)との間で、香港の子会社 MBK ASIAを窓口に、中国などアジアの企業を対象とした STOビジネスや、BS 証券の独占的窓口となり、香港証券取引所への上場を希望する日本企業への情報提供やアドバイスすることについて同日付で、基本合意を締結したと発表した。

STOとはセキュリティトークンの募集や売り出しなどを指す。セキュリティトークンとはブロックチェーン上で発行された有価証券で、価値の移転が可能。

マーチャントバンカーズによると、BS証券は香港や中国、シンガポール、台湾、ベトナムなど、アジア各地の数多くの顧客にSTOによる資産の流動化・資金の調達を提案し、ビジネスとして取り組んでいく方針。マーチャントバンカーズもグループとして、保有する賃貸用不動産の流動化や、不動産や債券などの資産の流動化を希望する企業を対象として情報提供やアドバイスといったビジネスに取り組むため、積極的に情報収集を行っているという。(翻訳・編集/如月隼人
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事