2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

「日本だって旭日旗掲げた」、韓国の反論に中国ほぼスルー、一部批判も=サッカー東ア杯―中国版ツイッター

配信日時:2013年7月30日(火) 13時10分
「日本だって旭日旗掲げた」、韓国の反論に中国ほぼスルー、一部批判も=サッカー東ア杯―中国版ツイッター
画像ID  392698
28日、韓国・ソウルで行われたサッカー東アジア杯の男子日韓戦で、韓国側サポーターが「歴史を忘れた民族に未来はない」と記した横断幕を掲げたことが物議を醸している。一方、韓国紙は「日本の観客も旭日旗を掲げていた」と反論した。
2013年7月28日、韓国・ソウルで行われたサッカー東アジア杯の男子日韓戦について、“場外の争い”はまだ続いているようだ。この日、韓国側サポーターが「歴史を忘れた民族に未来はない」と記した横断幕を掲げたことが物議を醸している。スポーツの場に政治問題が持ち込まれたことで、日本政府もFIFA(国際サッカー連盟)を通じた対応を検討する中、韓国では「日本の観客も旭日旗を掲げていた」との反論が上がっている。

韓国・中央日報によると、旭日旗は試合開始前、韓国国歌斉唱の終了後に日本のサポーターが振りかざしたものだが、係員の制止ですぐに没収されたという。そして、「日本の各主要メディアがこれを一切報じていない」と伝えている。

歴史問題に端を発した反日感情が根強い中国でも、今回の韓国人サポーターの行動については、一般市民から批判が殺到していたが、片や日本側も旭日旗を掲げていたとなれば、話は変わってくるのではなかろうか。

レコードチャイナ編集部では中国側の関連報道を探ってみたが、「旭日旗騒動」についてはほとんど取り上げられていない模様だ。上海のニュースポータル・東方網(Eastday)が「現場の観衆たちが眉をひそめた」と伝えている程度である。

“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイトでもそれほど大きな反響は見られないが、やはり日本への批判につながっているようだ。以下、寄せられた意見の一部。

「サッカーが政治と絡む。今までだってずっとそうだったと思うが」
「スタジアムに観戦に来ている人たちだって、人間だ。自分の意見を伝えたい意欲もあるし、それぞれの意見も権利もあるだろう。スポーツと政治は無関係なんて、そもそも無理」

「もしも中国人がスポーツ観戦の場に人民解放軍の軍旗を持ち込んだら、おかしいだろう?それに、旭日旗は東アジア・東南アジア全域を戦争に巻き込んだ象徴だろう?いずれにしろ、サッカーの試合場で旭日旗を見かけるたび、僕は不快な気持ちになるよ」

「日本野郎はどこに行ってもトラブルを起こしやがる!」
「韓国はまだまし。日本は地球村の災いにほかならない」

「日本人のねじまがった根性は変わってないな。戦争から何も教訓を得ていないから、米国の意のままに操られているのさ。歴史の教訓を誠実に汲まなければ、戻れない破滅の道を歩むことになる」

「どっちも都合の悪いことは忘れてる。どっちもどっちさ」(翻訳・編集/愛玉)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事