Record China

ヘッドライン:

ポケベルサービス終了、日本で「葬式」が行われる=中国ネットも感慨

配信日時:2019年10月2日(水) 0時40分
拡大
30日、中国の映像メディア・梨視頻の微博アカウントは、日本でポケベルの葬式が行われたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2019年9月30日、中国の映像メディア・梨視頻の微博(ウェイボー)アカウントは、日本でポケベルの葬式が行われたと伝えた。

同日、日本で唯一ポケベルのサービスを提供していた会社がサービスを終了する。日本電信電話公社(現NTT)が1968年に開始したこのサービスは96年にピークを迎え、ユーザー数は一時1000万人を超えた。サービス終了に伴い、東京・秋葉原では「みんなのポケベル葬」が行われ、約300人が出席したという。

これに対し、中国のネットユーザーから「儀式感が強すぎる」「日本人って本当に旧交を忘れないんだな」「日本人は情が長続きするんだな。われわれはとっくの昔に使うのをやめたのに」「日本人は本当に旧習を墨守する民族だな」などのコメントが寄せられた。

また、「20~30年前は、ポケベルを持つことが富をひけらかすことだったなあ」「当時、ズボンのベルトにポケベルをぶら下げるのがおしゃれだった」と昔を思い返すコメントや、「2019年まで持ちこたえたのだから大したものだ」「一つの時代が幕を閉じたことを象徴している」というユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング