韓国軍が人口減少対策として徴兵検査の身体基準緩和を検討―中国メディア

配信日時:2019年10月7日(月) 8時20分
韓国軍が人口減少対策として徴兵検査の身体基準緩和を検討
画像ID  1129966
韓国で、軍当局が人口減少に備えて現役軍人の身体基準の緩和を検討していることが明らかになった。写真はソウルの地下鉄。
韓国軍が人口減少に備えて現役軍人の身体基準の緩和を検討していることが明らかになった。9月30日付で中国メディア・新華社が伝えた。

記事が韓国・聯合ニュースの報道を基に伝えたところによると、韓国国防部と兵務庁は徴兵に関する規定を改訂し、現役軍人の身体条件についての基準を引き下げる見通し。新たな規定では、体重や血圧などの項目について判定基準が緩和されるという。

政府関係者の話によると、兵務庁は2021年頃に韓国における現役軍人の徴兵制度が「重大な困難」に直面すると予測しており、新たな基準も21年を目処に適用されると見られている。

韓国の統計庁が発表した出生統計によると、昨年の出生数は32万6800人で、1970年の統計開始以来最低となった。合計特殊出生率は前年の1.05人から0.98人に急減し、人口維持に必要とされている2.1人の半分にも満たなかった。

これを受け、聯合ニュースは「人口の急減は入隊適齢期の男性の急激な減少につながる恐れがある」と指摘。さらに、予備軍訓練(除隊後8年間の定期訓練)に参加する男性の数が09年の29万1000人から昨年は25万3000人にまで減少したこと、17年には約35万人いた20代男性の数が22年には25万人にまで減少する見込みであることを紹介した。

韓国では18~35歳の健康な男性全員に兵役が義務付けられており、条件を満たしているにもかかわらず兵役を拒否した場合には、罰金または懲役の実刑判決が下る場合がある。(翻訳・編集/岩谷)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事