Record China

ヘッドライン:

サッカーU-18中国代表、日本の大学チームに敗れる=中国メディア嘆く「パンダカップの屈辱、韓国にリベンジは『痴人の夢』」

配信日時:2019年10月1日(火) 10時50分
拡大
11月にミャンマーで開催されるサッカーのAFC U-19選手権2020予選に向けて日本で活動しているU-18中国代表が9月30日、大阪体育大学と練習試合を行い、0-1で敗れた。

中国メディアの網易体育によると、11月にミャンマーで開催されるサッカーのAFC U-19選手権2020予選に向けて日本で活動しているU-18中国代表が9月30日、大阪体育大学と練習試合を行い、0-1で敗れた。

AFC U-19選手権2020予選は、参加国を11グループ(西地区:6、東地区:5)に分け、各グループの1位および各グループの2位の中から成績上位の4チームが本大会に出場する。中国は、韓国、ミャンマー、シンガポールと同組のグループIに入っている。

9月16日から10月5日まで日本で行われているU-18中国代表のキャンプには、英紙ガーディアンの「Next Generation 2018」に選出された河北華夏所属のMF陶強龍(タオ・チャンロン)やイングランドのウォルバーハンプトンU-18に所属しているFW何朕宇(ホー・ジェンユー)ら33人が参加している。

中国メディアの企鵝体育は、今年5月に中国・成都で開催された国際ユース大会「パンダカップ2019」で最終節の中国戦に3-0で勝利し優勝を飾ったU-18韓国代表選手が、表彰式の直後に優勝トロフィーの上に足を乗せて高笑いする画像がSNS上で拡散し大バッシングを浴びた騒動を取り上げ、「U-18中国代表の一部の選手は、AFC U-19選手権2020予選で同組の韓国にリベンジすることを誓っていた。だがそれも『痴人夢を説く』だ」などと伝えている。

中国のネットユーザーからも、「国家代表が大学チームに敗れるとは…」「これが中国と日本のサッカー格差」「代表関連のニュースはもう結構」「国慶節連休なのだからキャンプなんかやめて休めば?」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

W杯優勝の女子バレー中国代表がチャーター機で帰国=「初めてサッカー代表並み待遇受ける」にネット民あぜん

バレーボール女子のW杯で大会2連覇を果たした中国代表が30日未明、チャーター機で北京首都国際空港に帰国した。中国メディアの新浪体育は、チャーター機での帰国について「男子サッカー代表と同等の待遇を受けたのはこれが初めて」と報じた。

Record China
2019年9月30日 17時0分
続きを読む

ランキング