Record China

ヘッドライン:

<コラム>中国蘇州駐在14年、休日はBMWで体力作り

配信日時:2019年10月1日(火) 23時50分
拡大
蘇州に長期滞在を始めたのは2003年4月頃であった。ある日、ホテルの前に留まる2階建ての68番公共バスに興味を覚えた。

蘇州に長期滞在を始めたのは2003年4月頃であった。当時新会社の土地契約で蘇州に来たが、ちょうどSARS(重症急性呼吸器症候群)が流行して片道切符でやって来た。当時は日本に戻ると1週間はホテルに缶詰め状態になり、発熱が無かったら会社や家に戻れた。多くの死者が出た大変な時代であった。

ある日、ホテルの前に留まる2階建ての68番公共バスに興味を覚えた。フロントで聞くと最初に1元(当時15円)払い、降りたい停留所で降りれば良いと言う実に簡単な説明、蘇州市街地図を渡され「ここに路線バスの経路が書いてあります。それを参考に好きな所に行きなさい」とアドバイスもらった。最後に「スリが多いから注意してね」も念押しのように聞いた。まさか、その2年後にバスの中で携帯電話のスリに会うなどその時は想像もしなかった。

蘇州で公共バスに乗ることは初めてではない。初めて訪問した1987年、蘇州駅前から9番のバスで、城内西にあたる姑蘇橋から更に行った終点の雅都ホテルまで行った記憶がある。30年前はバスの番号は一桁だけだった。今では900番台もあり、その経路は縦横に走り複雑化したが、運転手の対応や乗客の反応は全然変化が無いと思った。

手には地図と水を持って、憧れの2階建てバスに乗ることにした。勢いよくバス停に突っ込んで来るバスに、タックルでもしようとバスに近づく乗客にはびっくりした。近づいたバスはバス停前で左にハンドルを切り、ドア門がバーンと開いた。乗客は我先に走って勢いよく乗り込む。1元硬貨の音が響く。郷に入れば何とかで真似しながら走り乗り込んだ。ロンドンの2階建てバスとはまったく違い、階段は急でしかも暗い。2階の前面(運転席の真上)に行き、何とか座ったのは良いが、道路に植えてある樹木の枝々にぶつかりながら、しかも急発進に急停車に恐怖も感じたが、次第に慣れてきた。

68番バスは、高新区から園区の金鶏湖北まで約1時間の行程であるが、これで料金1元なのかと日本との違いに驚かされた。現在は68番2階建てバス運行は無くなり、きれいな一階建てエアコン付き電気バスになり、料金も2元になった(写真1は当時の68番バス)。

一番乗り甲斐のある路線は69番バスである。蘇州駅をスタートし、市内から高新区を通り南下して霊岩山の横を通り伍子胥の墓を見ながら太湖に至る。その後、右に太湖ゴルフ場を見ながら西山に行く橋をいくつか越えて、梅林だらけの林屋洞を過ぎ最終地の石公山に着く。時間にして1.5時間以上はかかる長旅であるが、料金は5元(75円)である。

その後、公共バスに乗ることが楽しみになり、全路線制覇の夢(全部で900路線)を今も持って継続中である。蘇州駐在14年を過ぎ、休日はいつもBMW(Bus・Metro・Walking)で体力作りが続いている。

■筆者プロフィール:工藤 和直
1953年、宮崎市生まれ。2004年1月より中国江蘇省蘇州市で蘇州住電装有限公司董事総経理として新会社を立上げ、2008年からは住友電装株式会社執行役員兼務。蘇州日商倶楽部(商工会)会長として、日中友好にも貢献してきた。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

<コラム>青島の北、四方・滄口地区に日本尋常小学校が増設された

青島ビール工場がある台東工業地区が手狭になったため、青島日本守備隊は大正7年から本格的に日本企業向けに台東鎮北部に土地の取得・拡張を開始した。まずは台東鎮西側の高台から土砂を青島大港北側埋め立てに利用して、45万坪の四方工場造成地を作った(写真1左)。

工藤 和直
2019年9月27日 0時20分
続きを読む

<コラム>青島医学院はかつて“青島日本人第三国民小学校”跡で、当時の“講堂”だけが現存していた

大正3年(1914年)以降、青島神社(現在の貯水山児童公園)の麓に多くの日本人が住んだ。その東の台東鎮地区へ工業地帯が拡張するに連れて生徒数が増大、従来からある第一小学・第二小学だけでは収容しきれず、新たな学校の造営が新たな課題となった。

工藤 和直
2019年9月3日 23時10分
続きを読む

ランキング