Record China

ヘッドライン:

中国で飛ばされた風船が北海道まで?中国版ツイッターで1位に、最も共感呼んだコメントは…

配信日時:2019年9月30日(月) 15時50分
拡大
北海道で中国から飛んできたと見られる風船が見つかったことが、中国のネット上で大きな注目を集めている。資料写真。

北海道で中国から飛んできたと見られる風船が見つかったことが、中国のネット上で大きな注目を集めている。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングでは30日午後2時時現在、関連ワードが堂々の1位を獲得している。

新京報は29日、日本のメディアの報道として、これについて伝えた。北海道の知床半島で発見された風船は透明のものと赤いものの二重になっており、赤い風船に建国70周年を祝う「70」のデザインと「盛世華誕」の文字が印字されていた。10月1日に国慶節(建国記念日)を迎える中国では各地で関連のイベントなどが行われており、風船は偏西風に乗っておよそ1000キロの距離を飛んで日本まで渡った可能性もあると指摘されている。

これを受け、微博では「国慶節の風船が日本の北海道まで飛んでいったか」がランキング1位になるほど大きな注目を集めた。また、新京報の投稿だけでも30万以上の“いいね”が付いている。ネットユーザーから寄せられたコメントで最も共感を集めているのは「中国の風船の品質は良い!」だ。また、「気合の入った風船だ」「大学受験の偏西風の問題に使われるだろうな」などのコメントにも多くの“いいね”が付いた。

このほか、「できる限り回収してください。環境に良くない」「これって環境汚染じゃないか」といった声も多く上がったほか、「現地の中国系住民が飛ばした可能性もあるでしょ」と冷静に指摘するユーザーもいた。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング