Record China

ヘッドライン:

オバマ大統領の「韓国勝利論」、ネットで賛否両論=「退役兵は無視されている」との批判も―中国メディア

配信日時:2013年7月29日(月) 9時57分
拡大
28日、中国・観察者網によると、アメリカのオバマ大統領が朝鮮戦争休戦60周年の記念式典で「朝鮮戦争は韓国が勝利した」と述べ、ネット上では議論が起こっている。資料写真。
(1/2枚)

2013年7月28日、中国・観察者網によると、アメリカのオバマ大統領は、朝鮮戦争休戦60周年の記念式典に参加し、演説を行った。

その他の写真

オバマ大統領は、朝鮮戦争は引き分けではなく、韓国が勝利を収めたとして、「5000万の韓国人は自由で、力強い民主と世界で最も活発な国で暮らし、北朝鮮の独裁や貧しさと強烈な対比をなしている。これこそが勝利だ」と述べた。

また、朝鮮戦争を戦った兵士が帰国後に冷遇されたことについて、米軍は朝鮮戦争で大きな犠牲を払い、3万6574人が戦死、7910人が今も行方不明であると述べた。

オバマ大統領の発言は、ネット上で大きな議論を巻き起こしている。米国のネットユーザーは「韓国勝利論」に賛同しているものの、「戦争で自由になったのに、なぜアメリカは韓国から撤退しないのか」といった疑問の声も上がっている。また、退役兵の問題について、戦争経験者だと自称するユーザーは、自らが受けている不公正な待遇に不平を述べ、同情の声を集めている。以下はその例。

「私は韓国系米国人だ。米国で子供を2人育て、1人は医者に、もう1人は弁護士になった。もし、自分の子供を世界のどこか、望まれない戦争に送り出すとしたら、私にとっては本当に苦しいことだ。朝鮮戦争で犠牲になった人に、心からの感謝を述べたい。私たちは知っている。米国は朝鮮半島の半分を救っただけでなく、人間にとってどんな政治がふさわしいのかを証明した。このような犠牲の中で、朝鮮戦争の真の勝者は、自由と自由のための事業だ」

英国人ネットユーザー「オバマの言葉は空っぽだ。不要になった兵士は相手にしない。これが米国の長い伝統だ。湾岸戦争、イラク、アフガンの兵士の中では、無視され、帰るところを失うことが、流行病のようになっている」(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

ランキング