アクション生活30年のドニー・イェン、50歳の誕生パーティーに大物ぞくぞく―香港

配信日時:2013年7月28日(日) 16時37分
アクション生活30年のドニー・イェン、50歳の誕生パーティーに大物ぞくぞく―香港
画像ID  392548
26日、アクションスターのドニー・イェンの50歳の誕生日を祝い、1960年代をテーマにした祝賀パーティーが行われた。写真はドニー・イェンとセシリア・ワン夫妻。
2013年7月26日、アクションスターのドニー・イェン(甄子丹)の50歳の誕生日を祝い、1960年代をテーマにした祝賀パーティーが行われた。新浪網が伝えた。

1983年にスタントマンとして映画出演したのをきっかけにデビューし、香港を代表するアクションスターに成長。一時低迷期もあったが、04年のチャン・イーモウ(張芸謀)監督作品「HERO」で再注目され、08年に人気シリーズ第1弾「イップ・マン 序章」が大ヒットしたことで、名実ともに香港トップのアクションスターの座を手に入れた。30年間もアクションスターとして活躍し続けてきたドニーが、今月27日で満50歳に。前日の26日には、香港で祝賀パーティーが行われた。

パーティーに出席した顔ぶれは、ピーター・チャン(陳可辛)監督やアンドリュー・ラウ(劉偉強)監督、女優ミシェール・リー(李嘉欣)やミシェル・チェン(陳妍希)、歌手で俳優リッチー・レン(任賢齊)、メディア・アジア・グループのピーター・ラム(林建岳)CEOなど、そうそうたるメンバー。ドニーの香港映画界における影響力を反映している。

中国の映画監督と名誉棄損をめぐる裁判が進行中で、ジャッキー・チェンとの不仲が報じられたりと、最近はゴタゴタが続いている。ドニーの“大物気取り”が伝えられ、バッシングの対象にもなっているが、「一部メディアの勝手な報道に、いちいち敏感にならないでほしい」と語り、一連の報道を否定している。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事