中国の発明特許出願件数、8年連続で世界一―中国メディア

人民網日本語版    2019年9月29日(日) 6時0分

拡大

中国の国内総生産(GDP)は1952-2018年の間に679億1000万元から実質174倍増の90兆300億元に達し、世界経済に占める割合が16%近くにのぼった。科学技術事業発展を示す発明特許出願件数は、8年連続で世界一になっている。資料写真。

中華人民共和国成立70周年祝賀行事プレスセンターは24日、メディアセンター記者会見ホールで初の記者会見を開いた。国家発展改革委員会副主任で、国家統計局局長の寧吉[吉吉](ニン・ジージャー)氏によると、中国の国内総生産(GDP)は1952-2018年の間に679億1000万元から実質174倍増の90兆300億元に達し、世界経済に占める割合が16%近くにのぼった。科学技術事業発展を示す発明特許出願件数は、8年連続で世界一になっている。科技日報が伝えた。

寧氏によると、中国の1人あたりGDPは1952-2018年の間に119元から実質70倍増の6万6400元に拡大した。

データによると、中国の科学技術事業は力強く発展している。中国昨年のフルタイム当量の研究開発者総数は年間419万人で、研究開発者数が6年連続で世界一をキープ。社会全体の研究開発(R&D)経費は1兆9678億元で世界2位で、R&D経費の対GDP比は2.19%。全国発明特許出願件数は432万3000件で、8年連続で世界一をキープしている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携