Record China

ヘッドライン:

安倍首相が五輪招致のためにイメージづくり、しばらく靖国神社を参拝せず―韓国メディア

配信日時:2013年7月27日(土) 14時10分
拡大
26日、国際在線は記事「安倍首相、五輪招致のためにイメージづくり、しばらく靖国神社を参拝せず―韓国メディア」を掲載した。米国からも韓国を刺激しないようくぎを刺されたという。資料図。
(1/2枚)

2013年7月26日、国際在線は記事「安倍首相、五輪招致のためにイメージづくり、しばらく靖国神社を参拝せず―韓国メディア」を掲載した。

その他の写真

安倍晋三首相の誕生以来、注目は靖国神社に参拝するかどうか。安倍首相はいまだに態度を明らかにしていない。8月15日に参拝する可能性もあるとみられているが、日韓関係に大きく影響することは間違いない。

一方で日本メディアの報道によると、安倍首相は日韓関係、日中関係の悪化を鑑み、靖国神社参拝を延期することを決めたという。韓国紙・中央日報は五輪招致への影響と米国の圧力が要因だと分析した。五輪招致に成功すれば経済回復の切り札にもなると期待されている。また24日、安倍首相と昼食を共にした米戦略国際問題研究所のマイケル・グリーン上級副所長は「韓国をこれ以上刺激しないように」とくぎを刺している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング