Record China

ヘッドライン:

「歩きたくなかった」=釈放された男、2時間後にまた捕まる―中国

配信日時:2019年9月27日(金) 18時40分
拡大
25日、北京青年網によると、福建省泉州市で警察官に拘留され釈放された男が2時間後に再び拘留されるトラブルがあった。資料写真。

2019年9月25日、北京青年網によると、福建省泉州市で警察官に拘留され釈放された男が2時間後に再び拘留されるトラブルがあった。記事は「(つかまった)理由がとてもおかしい」と伝えている。

記事は、同市内で先日、住民女性から「店の入口に止めていた電動バイクが盗まれた」と警察に通報があった。女性の話や監視カメラの映像から、警察官は犯人が30歳あまりの男と特定した。また、犯行時に足を引きずっていたことも分かったという。

男は盗んだバイクを始動することなく、押したまま路地に入っていった。通報を受けてから1時間後、警察官は容疑者の男を捕まえ、バイクを女性に返した。

取り調べを行った警察官は、男が6日前に同市内で自転車を盗んで逮捕され、6日間の行政拘留処分を受けていたこと発見。女性の電動バイクを盗むわずか1時間前に、留置所から釈放されたばかりだったことが分かった。

犯行の動機について男は「留置所から出た時に足が痛く、歩きたくなかった。そこにたまたま電動バイクが止まっていたため盗んだが、まさかこんなに早く捕まるとは思わなかった」と供述しているという。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング