Record China

ヘッドライン:

中国産強襲揚陸艦が進水セレモニー、建造できるのは米中のみ―中国メディア

配信日時:2019年9月26日(木) 17時40分
拡大
25日、中国初の強襲揚陸艦「075型」の進水・テープカットセレモニーが上海で行われた。

25日午前9時20分頃、厳かな国歌が流れるなか、中国初の強襲揚陸艦「075型」の進水・テープカットセレモニーが上海で行われた。

同艦は中国が独自開発した初の強襲揚陸艦で、上陸作戦や多様化任務遂行の高い能力を持つ。同艦は今後、計画に基づき設備の調整、係留航行試験などを行う。

ある匿名の軍事専門家は、人民日報傘下の環球時報に対して、「同艦は独特な設計、特殊な装備、高い機動作戦能力を持つため、現代の海戦、特に上陸・島礁作戦で不可欠な新戦力だ。しかし設計が複雑なうえ、高い造船の技術力が必要で、コストが高くつくことから、建造の難易度が空母に次ぐ大型水上艦となっている」と述べた。

海軍の強襲揚陸艦を建造できる国は、米国、フランス、英国、スペイン、日本、韓国などと国の数が少ない。現時点で075型に類似する強襲揚陸艦を建造できるのは中国と米国のみ。

上述した軍事専門家は、同艦の進水の意義について「これは中国海軍水上艦の発展が新時代に入ったことを意味し、中国海軍水上艦に新たな力が加わる」と話した。

また、「中国海軍の戦略的ニーズは、中国海軍が強襲揚陸艦を建造する大きなけん引力、切実な需要だ。同艦は海軍水上艦の構成・構造をさらに健全化させると同時に、中国海軍の作戦能力を飛躍させ、中国の島礁上陸作戦に革命的な革新をもたらす」と述べた。

公開された資料によると、同艦の全長は250メートル、幅は30メートル、排水量は約4万トン。排水量が4万500トンの米ワスプ級強襲揚陸艦とほぼ同規模で、既存の強襲揚陸艦のうち最大級となる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本が韓国を観艦式に招待せず、韓国メディアは不満「中国まで呼んだのに」

24日、韓国・ソウル新聞は「日本政府が来月開かれる海上自衛隊の観艦式に韓国を招待しないことを決めた」と伝え、「日本は伝統的な友邦だけでなく中国まで招待しておきながら韓国を除外した」と不満を示した。写真はいずも(出典:海上自衛隊ホームページ)。

Record China
2019年9月24日 17時50分
続きを読む

ランキング