韓国でも拡大する「アフリカ豚コレラ」、非武装地帯のイノシシが感染源?「養豚業が崩壊」と危機感

配信日時:2019年9月29日(日) 11時30分
韓国でも拡大するアフリカ豚コレラ、「養豚業が崩壊」と危機感
画像ID  1128687
中国で猛威を振るう「アフリカ豚コレラ」が韓国でも拡大。北朝鮮で確認された後、非武装地帯の野生イノシシを経由して広がったとみられ、韓国紙は「養豚業が崩壊する恐れがある」と危機感を強めている。写真は上海浦東国際空港の税関。
中国で猛威を振るう「アフリカ豚コレラ(ASF)」が韓国でも拡大している。5月に北朝鮮で確認されたASFが非武装地帯(DMZ)の野生のイノシシを経由して広がったとみられる。韓国政府は疾病防止に全力を挙げているが、韓国紙は「養豚業が崩壊する恐れがある」と危機感を強めている。

ASFは日本の中部地方や関東地方の一部で発生している豚コレラとは異なり、予防ワクチン接種などの対策がないとされる。り患した豚の肉を人間が食べても健康に影響はないが、豚やイノシシへの感染力は極めて強く、1週間以内に100%死ぬという。

朝鮮日報によると、北朝鮮と接する韓国北西部の京畿道坡州市で17日に同国として初めて発生したASFは、京畿道の金浦と江華の2カ所の養豚場でも24日と25日に確認された。同紙は「(ソウルなどを流れる)漢江より南にある金浦と江華という京畿西部でもASFが発生したことで、政府と防疫当局の初動対応が事実上失敗したことが露呈し、疾病が京畿西部を経て南部に拡大する可能性が高まった」と指摘した。

さらに「京畿南部は国内で最も多く豚を飼育している忠清南道と接している」と説明。「ASFが京畿道全域に広まり、忠清南道まで拡大すれば、韓国の養豚産業は崩壊する恐れがある」と警鐘を鳴らした。

昨年時点で韓国全体では1133万頭の豚が飼育されている。忠清南道は1230以上の養豚場で計233万頭の豚が飼われている。飼育頭数基準でみると全体に占める割合は21%で、全国17の市・道の中で1位だ。ASFが発生した京畿道と忠清南道の豚が韓国全体の豚のほぼ40%を占めている。

感染源について、韓国政府は北朝鮮地域のイノシシである可能性が高いとみている。南北を隔てるDMZなど前線一帯では病死したと推定されるイノシシが多数観察されている。軍事境界線や川を越えてくるイノシシは韓国軍が見つけ次第駆除しているが、すべてを阻むのは困難という。

今回の事態に関して朝鮮日報は建国大動物資源科学科のイ・サンラク教授の「政府は豚を殺処分した農家に相場の20~100%を補償すると言っているが、農家の立場としては相場の100%を補償してもらえるのか未知数であり、仮に100%補償されたとしても、再び豚の飼育を始めるまでに早くても3年以上かかるため、養豚農家の打撃は避けられない」との見方を紹介した。

ハンギョレ新聞は社説でASFを取り上げ、「もしこの病気が全国に広がる事態になれば、養豚農家はもちろん、その前後に連なる関連産業全般が大きな打撃を受ける『災厄的状況』となりうる。政府・民間ともに非常な覚悟で対処すべき時だ」と訴えた。(編集/日向)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事