「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」で悪役に初挑戦!人気グループ“飛輪海”の元メンバー・ウーズンのインタビューが到着

配信日時:2019年9月27日(金) 19時10分
「神龍」で初悪役に初挑戦!元“飛輪海”のウーズンにインタビュー
画像ID  1128494
中国ドラマ最大級のスケール・予算で作られた「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」DVDが9月3日より発売・レンタル開始した。本作のDVDリリースを記念して、本作で初の中国ドラマ出演となる、ウーズンがインタビューに答えた。
中国ドラマ最大級のスケール・予算で作られた「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」DVDが9月3日より発売・レンタルを開始した。本作のDVDリリースを記念して、本作で初の中国ドラマ出演となる、人気グループ“飛輪海”の元メンバー・ウーズン(呉尊)がインタビューに答えた。

その他の写真

本作のあらすじは以下の通り。

太古の昔、侵入した魔物によって人間界は恐怖に脅かされるが、符祖という名の英雄が天地の力を込めた護符で魔物を封印し人々を救った。それから時は流れ、魔物は再び人間界へ侵略を開始し、封印を解くために世に散らばった護符を探し始める。一方、無鉄砲でお調子者な青年・林動は問題ばかり起こして一族からも蔑まれていた。そんな中、不思議な巡り合わせで偶然護符を手にした林動。それは符祖の後継者として人間界を魔界から救うための宿命だった。数奇な運命に導かれた林動は、世界の平和を守るため護符を狙う邪悪な勢力へと立ち向かっていく。

『レッドクリフ』『女帝[エンペラー]』の超一流映画スタッフが集結し、2019年No.1ファンタジースペクタル時代劇が誕生した。主人公の林動と共に悪に立ち向かう英傑が、やがて暗黒の世界に魅入られていくさまを圧倒的オーラで演じて大きな話題を呼んだウーズン。悪役も見事に演じ切り、役者としての力量を知らしめた作品となった。以下、ウーズンのインタビュー。

■7年ぶりの連続ドラマ出演でしたが、本作に出演を決めた理由を教えてください。作品を選ぶ際に大事にされていることはありますか?

このドラマの脚本を読んで、これはとても挑戦しがいのある作品で、得難いチャンスだと感じたからです。こうしたテーマの作品に参加できること、林琅天のように清濁併せ吞むキャラクターにチャレンジできることは、私にとって特別なことでした。私自身こうした悪役を演じられる機会はめったにないと思うので、林琅天のキャラクターにたちまち惹かれました。私はいろいろな役に挑戦したいと思っていますし、どんな役でも演じてみたいという気持ちがあります。父親役でも警察官役でもスポーツものでも、挑戦しがいがあって、これまでの殻を破れるような役なら何でもやってみたいです。

■漫画やゲームにもなるほどの人気の小説が原作ですが、作品を読まれたことはありましたか? また、演じるにあたりプレッシャーに感じることはありましたか?

原作の小説にはとても多くのファンがいるので、そのキャラクターを演じることにはもちろんプレッシャーがありました。監督による林琅天のキャラクター設定は、ドラマ化においておそらく最も変更を加えた部分だったので、役づくりをしながら大胆にトライしていく必要がありました。人によってそれぞれの見方があると思いますが、最終的にはやはり自分を信じてやるだけだと思います。私が演じる感情が本物になってこそ、役もリアルな存在となります。なので、一生懸命、役の心理状態をつかんで、演じる時にはその感情をリアルに表現することに集中しました。

■本作が初めての中国ドラマ出演かつ初の悪役に「挑戦」だと語られていますが、今回の挑戦はどのような経験になりましたか?

私の外見では監督が悪役のオファーをしてくることはまれです。これまで演じてきた役はどれも英雄か善人でした。でも、自分では精悍で男らしく内面が複雑な役をやってみたいとずっと思ってきました。今回、初めて悪役を演じたことはとても新鮮な体験でしたし、もちろん大きな挑戦でもありました。林琅天はリアリティのある複雑な人物で、物語の前半から後半にかけて性格が変化していき、複雑さも増していくので、自分にとって大きな手応えを感じられる役でした。

■兄弟を裏切り、悪に染まっていくという初めての悪役は視聴者から好評を博しましたね。悪役を演じられていかがでしたか? また、悪役という役柄に対して、これまでの役作りと異なる点はありましたか?

常に気持ちを役に込めた状態でいなければなりませんでした。悪役を演じるからにはいつでも皆に対抗できる心理状態にしておかなければなりません。そういう孤独感にも自分を適応させる必要がありました。さらに、役を演じる上では物語を通して段階ごとに役の気持ちを把握しなければなりませんが、特にこの役は最初から最後まで感情が複雑で、魔物に取り憑かれている時もあれば、一つのシーンの中で突然笑い出したり、突然狂ったようになったり、涙を流したりする時もあり、演じきるにはその一つ一つの感情を込めていかなければならなかったので、かなりの努力が必要でした。そこで監督とは常にコミュニケーションをとるようにして、役作りに打ち込みました。

■スタイリッシュな髪型や衣装がとても似合っていて、アクションシーンも格好良かったです! アクションシーンで苦労したり工夫したことはありますか?

林琅天のスタイルは本当に特別でしたね。みなさんが見たらびっくりするようなスタイルだと思いますが、これまでにやってみたことのないスタイルだったので、私にとっては新鮮味があって進んでやってみたいと思いました。このドラマは自分にとって初めての時代劇アクションドラマです。普段から体を鍛えるのは好きなのですが、アクションシーンの経験は少なかったので、そのための特訓は一通り行いました。ボクシングや散打(中国武術におけるスパーリングや組手)などです。撮影現場でも常に腕立て伏せをするなど体を鍛えて、自分の筋肉の状態をチェックしていました。

■258日の撮影期間でしたが、現場の雰囲気はいかがでしたか? また、長期にわたる撮影ならではの印象的なエピソードがあればお聞かせください。

雰囲気はとても良く、全員が打ち解けて過ごすことができました。チャン・リー監督も多くの良いアイディアを出してくださいました。撮影で印象に残っているシーンはドラマの後半で私が感情を爆発させる、エキストラも多くいたシーンです。そのシーンの演技を終えた時、あるエキストラが感動して涙を流しているのが見えました。このシーンをとてもリアルに演じられたのでエキストラも感情移入してくれたのだと思って、とても爽快な気持ちになりました。それから泥水の中でのアクションシーンも強く印象に残っています。とても大変な撮影で、2カ月もたまりっぱなしの泥水は本当に汚かったんです。丸1日かけて撮影して、(相手役の)ヤン・ヤン(楊洋)も苦労したと思いますが、とてもいいシーンに出来上がりました。

■最後に日本のみなさんに「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」の見どころとメッセージをお願いします。

日本のみなさんはこの作品で中国時代劇ドラマの全く新しい体験をすることになると思います。ぜひ「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」を気に入ってもらえたら嬉しいです。(編集/岩谷)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事