日本がラグビー界に衝撃与えたと台湾メディア、中国でも反響「まさか勝つとは」

配信日時:2019年9月30日(月) 14時30分
日本がラグビー界に衝撃与えたと台湾メディア、中国でも反響「まさか勝つとは」
画像ID  1128401
日本で開催されているラグビーのワールドカップ(W杯)で、世界ランク9位の日本が優勝候補で同2位のアイルランドを19-12で破った一戦が、中国や台湾でも反響を呼んでいる。写真は日本代表ユニフォーム。
日本で開催されているラグビーのワールドカップ(W杯)で、世界ランク9位の日本が優勝候補で同2位のアイルランドを19-12で破った一戦が、中国や台湾でも反響を呼んでいる。

台湾メディアの中国時報(電子版)は29日付の記事で、「W杯史上最大の番狂わせ!日本がアイルランドに勝利」と題し、「世界最強のアイルランドが、グループリーグでホスト国に逆転負けを喫した」「この日本の勝利はラグビー界に衝撃を与えた。日本は過去、公式戦でアイルランドに全敗しており、いずれも大差を付けられていた」などと伝えた。

また、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では複数のアカウントが日本の勝利を伝えており、ネットユーザーからは「すごいな日本チーム」「素晴らしい試合だった」「まさかアイルランドに勝つとは」「日本は毎回番狂わせを起こしている。前回大会は南アフリカに勝った」「確かに意外だった。サプライズだ。おめでとう」「ラグビーって欧米人にしか向いてないと思ってた。すごいすごい」といったコメントが寄せられている。

中国メディアの環球時報は、「日本はラグビーで決して新参者ではない」とする記事で、「アジアの中では日本のラグビーの実力は飛びぬけている。ラグビーが日本に伝わったのは100年以上前で、1926年にラグビー協会が設立された。日本のラグビーに対する重視は普通ではなく、現在、日本にはおよそ12万5000人のラグビー人口がいる。前回のW杯では南アフリカを破る番狂わせを演じた上、3勝を挙げた」などと伝えた。

一方、中国については「『貧困弱小』という言葉でしか表現できない」とし、「五輪種目でなかったことから、その発展は放任されてきた。2016年のリオデジャネイロ五輪で7人制ラグビーが五輪種目に加わるとようやく発展が加速。中国女子は18年のジャカルタ・アジア大会で銀メダルを獲得し、現在は東京五輪の出場権を獲得するために奮闘している。しかし、ラグビーはサッカー以上に競技人口の基礎が欠けている。もし発展させようとすれば、公的な機関のリードや支援に加えて、人々の理解や参加がなければならない」と指摘した。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/10/01 17:28)

    活躍は凄いなとは思うんだけどね。 どうも日本のスポーツ界は定期的に問題起こしてて、特にラグビーとかアメフトとかにあんまり良いイメージが無い。 ラグビーなんかは紳士の国で生まれた紳士のスポーツなんだから、勝利を追い求めるのは勿論だが、プレイヤーの倫理観もしっかり教育して欲しいけどね。 まあ、日本代表に問題があるって言ってる訳じゃないんだけど、これだけ話題になるなら、今後はプレイ人口も増えるんだろうし。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • wak***** | (2019/09/30 17:41)

    この結果を見て 半島人 はどう思う? 選手の半分は日本人ではないとか思うんだろう 日本生まれでなくても 日本の国旗・国歌・ジャージーで戦おうと思ってくれる人が これだけいるんだ 半島人よ、お前たちの言い訳を聞いてやろうじゃないか
    このコメントは非表示に設定されています。
    98 11
  • Jen***** | (2019/09/30 16:21)

    ラグビーって、いいね。 サポーターが、敵も味方も入り混じって座り、トラブルなく応援。 選手も、乱闘騒ぎなし、審判に詰め寄る姿もなし。 試合後は、選手もサポーターも検討を称え合って、互いにリスペクト。 敗戦側の選手が、相手側に「花道」を作る姿なんて、 ラグビーならではで、感動だね。 それに試合後、日本選手が観客に「感謝のお辞儀の挨拶」 をするパフォーマンスも、各国チームに広まり、 行ってくれてる。 ロッカールームを掃除してくれるチームまで現れて、 ラグビーは、「真の紳士のスポーツ」で、 スポーツマンシップに溢れていると、感激しまくり。 ここには、勝敗だけにこだわり、「暴力と、言い訳と、批判しかない」 どこぞの低能国は、絶対に入れるべきじゃない。 奴らに、「ラガーマンの精神」を理解する知能なし。 日本でのW杯開催に尽力してくれた、 奥克彦氏、それに森喜朗氏、に感謝と敬意を。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事