Record China

ヘッドライン:

アジアで最も悲観的なのは台湾人=大国に挟まれた地理的制限による挫折感が原因か―米調査会社

配信日時:2013年7月26日(金) 9時48分
拡大
25日、米調査会社・ギャラップの調査によると、アジアでは台湾人が最も自分の将来に対して悲観的な見方をしていることがわかった。資料写真。
(1/2枚)

2013年7月25日、米調査会社・ギャラップの調査によると、アジアでは台湾人が最も自分の将来に対して悲観的な見方をしていることがわかった。また、シンガポールも世界のトップ10内に入った。世界で最も悲観的な人の多い国はギリシャだった。

その他の写真

ギャラップによると、2012年、26%の台湾人が、今後5年間の生活は今よりも悪くなると回答し、これは同社が調査を行った141の国・地域の中で5番目、ハイチと同水準だった。台湾は2011年から順位を上げて、2012年、アジアで最も悲観的な地域となった。

雑誌『聯合文学』の編集長を務める作家の鄭順聡(ジョン・シュンツォン)氏はその原因を以下のように分析している。

台湾人、特に良い教育を受けた若者の多くは社会に出てから就職と自己実現において、自分の望みを遂げられないことが多い。経済発展をしていた頃には、欧米のような生活が送れることに希望を持つことができていた。しかし、台湾は中国、米国、日本といった国に挟まれて、自己の発展が制限され、一種の挫折感を味わうことになった。それが何年も積み重ねられることによって、人々が未来に対して悲観的な見方をするようになった。

世界で最も悲観的な国・地域トップ10には、シンガポールもランクインしており、24%の人が将来を悲観している。日本では22%という結果になった。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

ランキング