東アジア今日は何の日:9月27日~中国で軍人20人に「元帥」「大将」の称号授与、その後の増員はなし(1955年)

配信日時:2019年9月27日(金) 14時30分
東アジア今日は何の日:9月27日~中国で軍人に元帥、大将の称号
画像ID  1128199
1955年9月27日、中国では軍人10人に「元帥」の称号が、10人に「大将」の階級が与えられた。その後の追加はない。資料写真。
1955年9月27日、中国では軍人10人に「元帥」の称号が、10人に「大将」の階級が授与された。その後、「元帥」および「大将」の追加授与の事例はない。

中国人民解放軍が階級制度を発足させたのは1955年だった。その際に、第一次国共内戦、抗日戦争、第二次国共内戦に大きな貢献があったとして、朱徳、彭徳懐、林彪、劉伯承、賀龍、陳毅、羅栄桓、徐向前、聶栄臻、葉剣英の軍人10人に元帥が任じられた。同順列は、軍および共産党内の序列を反映したものと考えてよい。「元帥」の階級授与の命令書は、毛沢東の名義だった。

同時に、軍人10人に「大将」の階級が与えられた。「大将」の場合には、陸軍軍人7人は単に「大将」とされたが、陸軍以外に所属する軍人3人が、それぞれ「海軍大将」、「公安軍大将」「装甲兵大将」に任じられた。内訳は、粟裕、徐海東(海軍大将)、黄克誠、陳賡、譚政、蕭勁光、張雲逸、羅瑞卿(公安大将)、王樹声、許光達(装甲兵大将)だった。公安軍は後に陸軍の一部門になったため、羅瑞卿の階級は「公安大将」から「大将」に変更された。

いずれも「元帥」と同様に「第一次国共内戦、抗日戦争、第二次国共内戦に大きな貢献があった」とされた。授与の命令書は、周恩来首相の名義だった。

1955年の階級制度制では「大元帥」も設けられが、授与される予定の毛沢東が辞退したため、「空位」となった。その他にも、「元帥」に選ばれた周恩来、劉少奇、トウ小平、「大将」に選ばれた李先念、譚震林、トウ子恢、張鼎丞は、いずれも辞退したという。

1955年の軍階級制度では、大将の下に「上将」「中将」「少将」が置かれた。「上将」は日本での一般的な通念の「大将」に相当する。「上将」の場合、1955年には55人が任じられ、その後に若干名の追加があった。

中国では1965年に、軍の階級制度が廃止された。「身分制度は封建的だ」との、左翼的思想の反映だったとされる。しかし、軍内に階級制度が存在しないために指揮/命令系統に混乱が発生する場合があるとの弊害も出た。そのために、1988年には階級制度が復活した。

しかし1988年からの制度では、「元帥」と「大将」の階級は設けられなかった。「元帥」と「大将」は1955年以降、65年まで追加がなく、その後は撤廃されたので、それぞれ10人ずつで固定されることになった。そのため、「元帥」を「開国元帥」、「大将」を「開国大将」と呼ぶことも多い。

【1955年のその他の出来事】
・トヨタ・クラウンが発売(1月)
・日本漁船が尖閣諸島近海で中華民国旗掲げる船に襲われ2人射殺、4人行方不明(3月)
・ラジオ東京テレビ(TBSテレビ)開局(4月)
・英国のチャーチル首相が引退、後任はイーデン首相(4月)
・インドネシア・バンドンでアジア・アフリカ会議(4月)
・ドイツ連邦共和国(西ドイツ)が主権回復(5)
・岩波書店が広辞苑(初版)を発行(5月)
・米国カリフォルニア州アナハイムでディズニーランド開園(7月)
・日本住宅公団が発足(7月)
・集英社が少女漫画雑誌「りぼん」を創刊(8月)
・東京通信工業(ソニー)が日本初のトランジスタラジオの展示即売会(8月)
・日本がGATTに加盟(9月)
・米国俳優のジェームズ・ディーンが事故死(9月)
・日本社会党が再統一(10月)
・ドイツ連邦軍が発足(11月)

■筆者プロフィール:如月 隼人
日本では数学とその他の科学分野を勉強したが、何を考えたか北京に留学して民族音楽理論を専攻。日本に戻ってからは編集記者を稼業とするようになり、「爆発」、「それっ」などのシリーズ記事を執筆。同時に、経済記事や政治記事、解説記事などにも注力。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事