Record China

ヘッドライン:

東アジア今日は何の日:9月28日~北京「石景山遊楽園」が開園、パクリ・パークと有名に(1986年)

配信日時:2019年9月28日(土) 9時40分
拡大
北京市西郊外にある石景山区で1986年9月28日、石景山遊楽園が開園した。同園は日本での報道がきっかけで、国外企業のキャラクターを無断利用する「パクリ・パーク」として知られるようになった。
(1/3枚)

北京市西郊外にある石景山区で1986年9月28日、石景山遊楽園が開園した。同園は2005年、日本での報道がきっかけで、ディズニーをはじめとする国外企業が作り出したキャラクターを無断利用するなどで「パクリ・パーク」として知られるようになった。

その他の写真

中国は当時すでに、知的財産権の保護で問題が多い国とされており、自国企業に損害が出ているとして、米国通商代表部が世界貿易機関(WTO)に提訴するなどの動きがあった。しかし石景山遊楽園は問題を認識していなかったと見られ、日本からの取材に対して、従業員が「他社のキャラクターを使っている」などと“率直”に説明したという。

また、同社は公式サイトで、目玉アトラクションを「ディズニーの雰囲気を備えたジョーンズの冒険」「ヨーロッパ調の幽霊の邸宅」などと誇らしげに紹介していた。園全体のキャッチフレーズは「ディズニーは遠すぎる、石景山に来てください!」だった。

しばらくすると園側も問題の深刻さを認識しはじめたようで、同園広報部は「ミッキーマウスのコピー」とされたキャラクターについて「ネズミではなく、耳の非常に大きな猫」などと説明しはじめた。

また、従業員による「他者のキャラクターを使用」などの説明について「正規の職員でなく、連休期のパレードに出演している役者。園のことを全く理解していない」などとの説明を始めた。

中国では2007年ごろになり、同問題が改めて注目されるようになった。中国メディアの国際先駆導報と新浪網が共同で行ったアンケート調査によると、回答者の65.84%が石景山遊楽園について「一種の海賊版行為」と批判的な見方を示した。一方で、22.59%は「悪くない」との考えを示し「米国ディズニー(ランド)は高すぎて遠すぎる。ディズニーが想像したアニメの人物を使っているだけだ」といった意見もあったという。

石景山遊楽園では現在までに、ディズニーランドとの類似を感じさせるアトラクションは姿を消した。公式サイトにも「パクリ」を思わせる記述は見当たらなくなった。

石景山遊楽園の経営実態については不明な点が多いが、北京市石景山区が出資した企業とされる。現在の石景山遊楽園総経理(社長)の呉海龍氏については、石景山区政府が2012年8月8日付で「任命」を発表している。

【1986年のその他の出来事】

・スペースシャトル「チャレンジャー」が爆発、搭乗員7人全員死亡(1月)

・フィリピンのマルコス大統領が国外脱出、コラソン・アキノ大統領が就任(2月)

・チェルノブイリ原子力発電所で爆発事故(4月)

・瀋陽防爆器械廠が倒産、中華人民共和国初の企業倒産(8月)

・土井たか子が日本社会党委員長に就任、日本の主要政党として初の女性党首(9月)

・台湾で民主進歩党が正式結成(9月)

・ソ連のK-219原潜がバミューダ沖で沈没(10月)

■筆者プロフィール:如月隼人
日本では数学とその他の科学分野を勉強し、その後は北京に留学して民族音楽理論を専攻。日本に戻ってからは編集記者を稼業とするようになり、「爆発」、「それっ」などのシリーズ記事を執筆。同時に、経済記事や政治記事、解説記事などにも注力。

ブログはこちら

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング