Record China

ヘッドライン:

香港~街に溶けこむデモの痕跡~

配信日時:2019年9月24日(火) 18時50分
拡大
逃亡犯条例改正案を発端とした抗議活動も発生後100日を越えた。活動の内容や様子も日々変わってきているが、今回は街で見かけたデモの痕跡についてお伝えしたい。
(1/4枚)

逃亡犯条例改正案を発端とした抗議活動も発生後100日を越えた。活動の内容や様子も日々変わってきているが、今回は街で見かけたデモの痕跡について、写真を通してお伝えしたい。

その他の写真

9月13日、1年に1度の中秋節を迎えたばかりの香港。各地でランタンが飾られたが、今年はランタンに抗議メッセージを込めたものが数多く見られた。尖沙咀のビクトリアハーバー沿いで見かけた手作りランタンそれぞれの面には抗議活動者の思いが書かれていた。

傘マークは言うまでもなく、雨傘運動の時から用いられているモチーフである。「光復香港,時代革命」はデモ隊のスローガンとなっている言葉。“香港を取り戻す、革命の時“といった内容。「五大訴求,缺一不可」は“5つの要求、一つも譲らない”という意味だそうだ。

ランタンの文字は抗議開始後にすぐに使われるようになったアンビグラム(異なる方向からも読めるグラフィカル文字)。「香港・加油」(香港がんばれ)になるように、「香港」という文字を回転すると「加油」とも読めるようになっている。

さらには街の壁などに貼られていたステッカー。外国の右翼にミーム(インターネットを通じて人から人へと、模倣として拡がっていく行動・コンセプト・メディアのこと)として利用された「カエルのペペ」が、今は香港の抗議活動者の間で多用されるようになってきたのを知ることができる。

ぺぺのステッカーが手を繋いでいるのは、デモ活動の一環として行われている「人間の鎖」の活動を表している。ステッカーに書いてある文字から、8月23日19時から人間の鎖を行うことを呼びかけたものであったことが分かる。

人間の鎖は現在あらゆる場所で行われており、平和的な活動の一つとして定着している。今では中学生が授業前である早朝集まり、人間の鎖を作る光景もよく見られるようになっている。このように街を歩くと抗議活動の様子や活動を通して発生した多くの情報を知ることができる。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「香港~街に溶け込むデモの痕跡」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

香港より中秋節快樂

6月以降「逃亡犯条例」改正への抗議でざわついている香港だが、年に1度の中秋節を各地で祝うことができた。例年より人出も少なくささやかな祝いのように見受けられたが、ランタンで街が彩られることで、人々の気持ちも多少リラックスできたのではないだろうか。

フライメディア
2019年9月18日 19時0分
続きを読む

香港中に出現している心の叫び「レノン・ウォール」

「逃亡犯条例」改正案への抗議が続いている香港。このところ毎週末行われるデモの様子は、メディアを通じて世界中へ配信されている。ただ、抗議はデモ行進だけに留まっていない。今回は香港中にできている「レノン・ウォール」についてご紹介したい。

フライメディア
2019年7月30日 19時40分
続きを読む

香港のレノン・ウォール、合言葉は「水のようになれ」

先般、香港の街に多数出現しているレノン・ウォールについて書いた。そこに貼られているポストイット内の言葉を見ていくと、多くの人により同じ言葉が使われていることに気づく。広東語がメインだが、英語もある。その1つが「BE WATER」という言葉だ。

フライメディア
2019年8月9日 22時40分
続きを読む

今は貴重!九龍皇帝の残したアートが見られる場所

九龍皇帝(King of Kowloon)の存在はご存知だろうか?昔皇帝から香港九龍の土地を譲り受けたと主張をしていた彼は、「九龍こそは自分の土地である」という自らの主張を、道や電柱、建物の壁やポストなど至るところに書いていった人物だ。

フライメディア
2019年8月27日 23時50分
続きを読む

ランキング