「強制動員」否定する著書が韓国の大学の教材になる?ネットで論争に

Record China    2020年1月22日(水) 15時50分

拡大

20日、韓国・ニュースピムが「韓国の大学で李栄薫ソウル大学元教授の著書『反日種族主義』が教材として使われる」と報じ、ネット上で物議を醸している。写真は延世大学。

2020年1月20日、韓国・ニュースピムが「韓国の大学で李栄薫(イ・ヨンフン)ソウル大学元教授の著書『反日種族主義』が教材として使われる」と報じ、ネット上で物議を醸している。

記事によると、延世大学社会学科の柳錫春(リュ・ソクチュン)教授は今年度1学期の経済社会学の講義の教材として同書を使用するとの計画を発表した。同書は韓国の反日感情を批判する内容や、日本植民地時代の強制動員を否定する内容が書かれていることから韓国で論争を呼び、日本でも話題となった本だ。

柳教授は昨年9月にも、発展社会学の講義中に「(慰安婦に関する)直接的な加害者は日本ではない」「(慰安婦は)売春の一種」などと発言し物議を醸していた。学生からの抗議を受けた延世大学は柳教授に対する調査を行い、最近「柳教授を懲戒処分にする」との結論を下したが、現在柳教授は異議を申し立てている。

これを見た韓国のネットユーザーからは「なぜこんな人が韓国の大学の教壇に立っているの?」「延世大学は本当に韓国の大学なの?なぜ柳教授を追い出さない?」「妄言を吐いた教授を逮捕できる法律はない?この講義が日本政府の主張の根拠に使われてしまう」など柳教授や延世大学の対応に批判的な声が上がっている。

一方で「多様な視点を教えることが学問。韓国政府の考えだけを学ぶことは正常じゃない。教授の勇気に拍手を送る」「学者が主張することになぜ文句をつける?その本に異議があるなら、正当に論理的に反論するべき。頭ごなしの批判は失礼だ」「反対の意見も聞いてみよう。それが民主主義だよ。教授の主張にも何か根拠があるはずだ」「この著書について学生たちが討論するのはとてもいいこと」など肯定的な声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携