日本が福島とソウルの放射線量を発表!中国ネット「どういうこと?」「これは気まずい」

配信日時:2019年10月1日(火) 12時0分
福島とソウルの放射線量がほぼ同じ、「どういうこと?」と驚きも―中国ネット
画像ID  1127976
在韓日本大使館のウェブサイトで日本の都市とソウル市の放射線量が発表されたことに、中国でも反響が寄せられている。
在韓日本大使館のウェブサイトで日本の都市とソウル市の放射線量が発表されたことに、中国でも反響が寄せられている。

同サイトは24日付で、日本と韓国の空間線量率の掲載を開始した。休館日などを除いて毎日更新するといい、「日本の放射線量についての韓国国民の理解が深まることを希望します」としている。

これを受け、中国メディアの環球時報は30日、「日韓舌戦!日本がデータを示しソウルの放射線量が福島と近いと主張」と題する記事を掲載。ロイター通信の記事を引用し、27日時点で同大使館のウェブサイトで示された放射線量が、福島市は0.135マイクロシーベルト、東京は0.036マイクロシーベルト、ソウル市は0.120マイクロシーベルトだったと伝えた。

また、香港フェニックステレビの李●(リー・ミャオ、●は水3つ)記者は26日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントで「韓国が日本の汚染水や福島の放射線について指摘していることから、在韓日本大使館が毎日の放射線量を公表し始めた」とツイート。25日時点の放射線量が、福島市は0.133マイクロシーベルト、いわき市が0.062マイクロシーベルト、東京が0.036マイクロシーベルト、ソウル市が0.119マイクロシーベルトだったことを紹介し、「福島とソウルはほとんど差がない」としている。

福島第一原発の事故後、中国でも日本の放射能汚染を懸念する声が続いている。この件について中国のネットユーザーからは、「これは気まずいな」「韓国が自爆した」といった声や、「どういうこと?。ソウルも放射線漏れ?」と驚いたような声が上がった。

一方で、「重要なのは、このデータが本当に正しいのかということ」「日本のデータ改ざんは一度や二度じゃないからな」などの声もあったが、「放射線測定器は市販されていて高くない。毎年多くの人が日本に行って計測しているけど、問題が出たことがあるか?」という反論も寄せられている。

このほか、「韓国は不満なら自分たちで計測した結果を公表すればいい」という意見も複数見られた。

環球時報は、韓国政府が先月に輸入食品の放射能安全検査を強化したことや、徴用工訴訟の判決などをめぐって昨年末から日韓関係が悪化していることなどを伝えている。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 19

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • hoo***** | (2019/10/12 05:51)

    改ざんしたデーターしか無い国から日本がデーターを改ざんしたと言われるのは許せないのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • zhi***** | (2019/10/09 15:29)

    予想は出来ますよ。 これでもいちゃもんつけて来るでしょう。 「この放射線は福島から流れて来たものだから、日本は責任をとれ」って!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • yu0***** | (2019/10/02 12:50)

    「嘘と捏造をしても…平気な国民性」 「強請りたかりは、当たり前」 「平気で論点のすり替え…責任転嫁」 「反日教育で、洗脳された国民」 「感謝も謝罪も知らない国家国民」 ・竹島の不法占拠  ・日本海呼称問題  ・歴史教科書問題 ・知的財産権侵害問題 ・靖国問題 ・嘘と捏造の慰安婦問題 ・仏像盗難事件 ・韓国の日本海への毒劇物の廃棄問題 ・韓国併合合法不法論争 ・レーダー照射事件  ・天皇陛下への謝罪要求  ・慰安婦合意の一方的な破棄  ・海上自衛隊の日章旗問題 ・日本産水産物等の輸入規制 ・BTSの原爆Tシャツ事件 ・1965年の日韓請求権協定の反故  ・元応募工に対する大法院の異常判決  ・GSOMIA破棄 こんな国とは、縁を切るのが 日本の将来の為だ… この国とのくだらない事で 日本と日本国民が苛立ちと共に 時間と金を無駄に浪費するだけだ! 国交断絶が、現在の最善策だ!
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事