Record China

ヘッドライン:

韓国造船業の受注シェア、中国抑えて“断トツ”=韓国ネット歓喜

配信日時:2019年11月14日(木) 9時30分
拡大
2019年11月12日、韓国・聯合ニュースは「韓国の造船業が受注金額・量ともに中国を抑えて世界トップを記録した」と報じた。

記事は、造船・海運市況分析機関の英クラークソン・リサーチの資料を引用。韓国造船業の10月の受注量(暫定値)は129万CGT(標準貨物船換算トン数)で、前年同月比324%の増加、受注額は26億ドル(約2838億円)で287%の増加だったと伝えた。

記事は「韓国は高付加価値の船種を主力として受注している。受注額は8月から世界1位だったが、受注量が中国を下回っていた。しかし10月は年間最高の実績を上げ、受注金額・量ともに首位に立った」と説明している。

また、韓国は10月に世界の発注量(150万CGT)の86.0%を受注したという。記事は「世界の発注量の10隻に8隻以上を韓国が持っていった」としている。液化天然ガス(LNG)運搬船4隻、超大型オイルタンカー(VLCC)1隻、超大型コンテナ船11隻など高付加価値の船種を全量受注したほか、液化石油ガス(LPG)運搬船も1隻受注したという。

さらに、今年1~10月の累計受注額は159億7000万ドルで世界1位を維持。中国が136億7000万ドル、イタリアが74億7000万ドル、日本が44億9000万ドルと続く。同期間の受注量は695万CGTで、世界的な発注量減少の影響で前年同期比35.2%減となったが、中国(611万CGT)を抜いて首位に立っている。3位は日本(293万CGT)、4位はイタリア(114万CGT)だったという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「いいニュースだ」「『経済崩壊』と騒ぐメディアもあるが、実質的には、世界的な不況の中でしっかり1位を取っている素晴らしい国だ」「これは文在寅(ムン・ジェイン)政権の成果じゃないか?良いことは賞賛すべきだよ」「密かに経済で成果を挙げていたという証拠だ」「政府はいい仕事をした!。最高!」など、喜びと現政権への賞賛の声が寄せられている。

ただ、一部からは「ただ造船が頑張っただけだよ。文政権が何をした?」というツッコミも上がっている。(翻訳・編集/麻江)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング