Record China

ヘッドライン:

サッカー中国代表GK、危険運転罪で起訴される―中国メディア

配信日時:2019年9月24日(火) 12時10分
拡大
23日、観察者網は、サッカー中国代表ゴールキーパーの張鷺が飲酒による危険運転罪で起訴されたと報じた。写真は張鷺(右)。

2019年9月23日、観察者網は、サッカー中国代表ゴールキーパーの張鷺(ジャン・ルー)が飲酒による危険運転罪で起訴されたと報じた。

天津市人民検察院のSNSアカウントが23日、同市河東区人民検察院が張被告を同区人民法院に起訴したことを明らかにした。

起訴状によれば、張被告は現地時間18日午後10時ごろに飲酒した状態で同区内を自動車を運転し、交通警察官の検問を受けた。血中アルコール検査では、100ミリリットル当たり253.3ミリグラムのアルコールが検出されたという。

中国サッカー協会は21日午後、「2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会予選のメンバーが犯罪行為に及んだことに大きく心を痛め、自責している」としたうえで、張被告の中国代表としての練習、試合出場資格を直ちに取り消すとともに、同協会が開催するすべてのサッカー関連活動への参加を禁止するとの声明を出した。また、今後の当局による正式な処分の結果を待って、さらに厳しい処罰を検討することを明らかにした。

さらに、この2年間でたびたび選手が飲酒運転問題を起こし、日常的な選手管理に問題があるとして張被告の所属先である中国スーパーリーグの天津天海をけん責し、是正のうえ協会に報告書を提出するよう要求した。

天津天海も21日、張被告の給与支払い停止、練習、試合の参加禁止を発表するとともに、司法機関の処分を待ってさらに厳罰を下すとの声明を出している。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<サッカー>中国でまた乱闘! 11人に出場禁止処分=中国ネット「感情もコントロールできないのに、どうやってボールをコントロールするの?」

中国サッカー協会は11日、中国サッカー協会杯の試合で乱闘に関わったとして、U-17(17歳以下)北京北体大倶楽部とU-17青島中能倶楽部の選手計11人に、今年12月31日までの出場禁止処分を下した。

Record China
2019年6月12日 10時50分
続きを読む

ランキング