食べ物を大切にすることを教える日本が「浪費大国」と呼ばれる理由―中国メディア

配信日時:2019年9月24日(火) 23時20分
食べ物を大切にすることを教える日本が「浪費大国」と呼ばれる理由
画像ID  1127731
22日、中国メディアの環京津網は、「食事に対するこだわりがあることで知られる日本人が、どうして『浪費大国』と呼ばれるのか」とする文章を掲載した。写真は日本のスーパー。
2019年9月22日、中国メディアの環京津網は、「食事に対するこだわりがあることで知られる日本人が、どうして『浪費大国』と呼ばれるのか」とする文章を掲載した。

文章はまず、日本には食事をできる限り残さないという習慣があると紹介。日本の子どもたちは小さなころから「米一粒に7人の神様が住んでいる」と言い聞かされ、一粒の米たりとも浪費することなく食べ物の節約に努めるべきことを教えられるとした。

その一方で、食べ物を大切にしているはずの日本がしばしば「浪費大国」と言われているとし、その背景には日本における食品の安全に対する重視ぶりがあると説明した。

そして、「日本のスーパーでは品質保持期限を少しでも過ぎた商品は売らずに廃棄する」と紹介。「保存が難しい冷蔵食品は、陳列してから数日間売れないとケースから外されて廃棄処分になる」と伝えている。

また、「日本は牛乳の品質保持期限設定が世界の中でも特に短い」と説明。その理由について「日本では牛乳が変質しやすいからではなく、牛乳の新鮮さに対する要求が厳しいから。規定された期間をひとたび超過すれば、容赦なく陳列棚から外すのである」とし、「安全性の追求に端を発する半ば行き過ぎとも言える販売期限設定が日本における食料浪費を助長している」との認識を示した。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ken***** | (2019/09/26 09:02)

    廃棄する食品が出るのは店の見込みが甘いからだよね。 もちろん棚に商品が大量にあった方が見栄え的にはいいんだろうけど、捨てるなら最初から安め設定で売り切って「完売」って看板出したほうが空いた棚にも意味が見いだせるよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/09/26 01:47)

    金になりゃ何だってやる新自由主義が浸透してっからだよ。 コンビニは廃棄弁当問題改善しないし、そもそも食品添加物てんこ盛りだって知ってからは、コンビニ弁当買わなくなったしね。 まあ、大阪のオバチャンらみたいに安物に飛び付いて大量に買った挙句腐らせるとかの例もあるから、企業ばっかが悪い訳でもないけど。 あと、細かい産地が知りたいのに、福一原発事故以降、日本産であれば食品産地表記が「国内産」にほぼ統一されたし、産地以外にも合成甘味料や遺伝子組み換えさ作物とか、できれば避けたいものが入ってたり。 結果、余計な物を混ぜる事で敬遠されて買われずに廃棄される物も少なくないだろうし。 まあ、企業や政府に対する信頼が地に落ちてるって事も無関係ではないかもね。本来安全な物なのに、お墨付きを出してる政府や企業、御用学者などが信用出来ないから手を出せない。とかね。政府や企業は危機感持った方がいいぞ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Gak***** | (2019/09/25 06:55)

    常温保存で消費期限1ヶ月の中国産牛乳なんて、口にしたくも無いんだけど?
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事