Record China

ヘッドライン:

日本放送の中国ドラマ「明蘭~才媛の春~」、タイトルが再び中国ネットで話題「確かに的を得ているけれど…」

配信日時:2019年9月22日(日) 20時30分
拡大
1/2枚
オーバーな表現が「中二病すぎる」などと、日本で放送される中国ドラマの邦題がこれまでもたびたび話題になってきたが、今月スタートする新ドラマ「明蘭~才媛の春~」について新たに、「確かに的を得ているけれど…」と中国版ツイッターではユーザーが困惑と驚きの声を寄せている。

その他の写真

そのスケールの大きさ、ストーリーの面白さ、キャストの顔面偏差値の高さで、近年は日本でも“華流”ドラマにはまる人が急増。多くの作品が日本でテレビ放送されるようになったが、その際の邦題が「オーバーすぎる」「中二病すぎる」と、これまで中国のネット上ではたびたび大きな話題に。昨年、中国で大ヒットした2つの宮廷ドラマのうち、「如懿伝」は邦題が「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」、「延禧攻略」は「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」と名付けられているが、日本のサブタイトル好き、さらに「宿命」「誓い」「運命」といった言葉が必ずつけられることも注目されている。

そんな中で、今月スタートする「明蘭~才媛の春~」が、日本語タイトルのウォッチャーたちに新たな話題を提供している。中国の人気女優チャオ・リーイン(趙麗穎)が主演し、宋代を舞台に、母を失った名家の側室の娘・明蘭(めいらん)が知恵と才覚で困難を乗り越えてゆく姿を描くこの作品。中国でのタイトルは「知否?知否?應是緑肥紅痩」といい、宋の女流詩人・李清照(り・せいしょう)の詩の一節から取られている。

「知否」は「知っていますか?」、「應是緑肥紅痩」は「きっと緑の葉は茂り、花は散ったことだろう」の意味となるこのタイトルは、ヒロインの成長とともに、季節は世のあらゆる出来事をよそに、時季が来れば移っていくことを表現していると思われる。

この格調高いタイトルが「明蘭~才媛の春~」となったことで、中国版ツイッター上では再び、「日本語タイトルの破壊力がすごい」と話題に。「確かに的を得ているけれど…」「あまりに直接で乱暴すぎる」と困惑する人や、「あの美しいタイトルも含めての良作なのに」と惜しむ声も多く上がっている。(Mathilda
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<コラム>日本は今のところ悪役になっていません!日本では考えられない中国ドラマのジャンル

日本では従来、香港・台湾作品しか知られていなかったのだが、近年、BSやCS放送を中心に中国産のドラマがいくつかラインナップされ、徐々に視聴する方が増えてきた。それでもまだ韓国ドラマの流行に比較するとマイナーである。写真は筆者提供。

岩田宇伯
2018年8月19日 8時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング