不買運動にリコールまで、韓国メディア「日本車業界の危機」

配信日時:2019年9月24日(火) 16時20分
不買運動にリコールまで、韓国メディア「日本車業界の危機」
画像ID  1127261
20日、韓国・ニューシスは「韓国内で広がる日本製品不買運動のあおりで多くの日本車ブランドが販売不振となったうえ、リコールと課徴金にも見舞われ、業界の緊張感が高まっている」と伝えた。資料写真。
2019年9月20日、韓国・ニューシスは「韓国内で広がる日本製品不買運動の影響で多くの日本車ブランドが販売不振となった上、リコールと課徴金問題にも見舞われ、業界の緊張感が高まっている」と伝えた。

韓国・国土交通部は19日、韓国トヨタ、韓国日産、メルセデス・ベンツ・コリアなどが輸入販売した37車種9272台についてリコール措置を決定した。日本車ではトヨタが輸入販売する「レクサスES300h」など8車種1207台でブレーキ関連の欠陥が見つかった他、トヨタ「カムリ」など2車種6536台、トヨタ「プリウスC」124台、日産「キューブ」5440台がリコールとなった。

また同部は、安全基準を違反したトヨタ、ホンダ、起亜自動車の3社に対し、4車種4万6920台のリコールと課徴金44億ウォン(約3億9700万円)を賦課した。ホンダ「CR-V」が8億ウォン、トヨタ「レクサスES300h」が15億ウォン、ホンダ「アコード」が10億ウォンとなっている。

記事は、日本車に対する相次ぐ措置で「日本車業界には赤信号が灯った」と伝えている。韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、先月の日本車新規登録台数は1398台で、前年同月より57%減少した。最も減少が目立ったのは日産コリアで、前年同月比87.4%減の58台。ホンダが約81%減の138台、インフィニティが68%減の57台だった。唯一、エコハイブリッドカー「ES300」を全面に押し出したレクサスが前年同月比で増加を示したが、今回、当該車両の欠陥が見つかったことで「今後の販売増加は確信できない状況となった」としている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「日産は韓国撤退説が出てたけど、まだ出ていかないのかな?」「なぜみんな日本車を買うんだ?国産車は嫌だし、外車には乗りたい。ちょうど手が出るのが日本車だから?それとも日本が好きなのか?日本人はいつも韓国を見下してるのに」「日本車、絶対に買うのはやめよう」などの声が殺到している。

また「日本人は韓国製品を買わない。韓国製品不買が伝統だ」「日本は韓国車を買わない。携帯電話はファーウェイより売れない。冷蔵庫やテレビも、日本国内では人気が低い。日本はずっと前から韓国製品不買を行ってきた。目を覚まそう」など「日本でも韓国製品が売れない」と指摘するコメントも多く見られた。(翻訳・編集/麻江)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 13

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事