台湾・蔡英文政権で7カ国目の「断交」、陳水扁政権を抜く―中国メディア

配信日時:2019年9月20日(金) 17時40分
台湾・蔡英文政権で7カ国目の「断交」、陳水扁政権を抜く―中国メディア
画像ID  1127248
20日、環球時報は、南太平洋のキリバスが台湾との外交関係断絶を発表したことで、台湾の蔡英文政権下での「断交」国が7カ国になったと報じた。資料写真。
2019年9月20日、環球時報は、南太平洋のキリバスが台湾との外交関係断絶を発表したことで、台湾の蔡英文(ツァイ・インウエン)政権下での「断交」国が7カ国になったと報じた。

記事は、台湾当局が20日にキリバスとの外交関係断絶を発表したと紹介。ソロモン諸島に続き、1週間で2カ国目となる「断交」となったと伝えている。

そのうえで、キリバスについて「もともと中国本土と深いつながりがあり、いわば中国本土の科学技術飛躍をアシストする『友人』だった」とし、1997年10月には中国が現地に宇宙観測制御ステーションを設置し、神舟ロケットや各種衛星の制御の任務を行ったと紹介した。

一方で2002年に成立した親台政権が台湾と外交関係を結び、中国は同国との断交を決定、03月には観測制御設備を撤去したと説明。しかし、16年ごろより再び中国本土との接触が増え、台湾との関係が冷却化していったとした。

記事はまた「注目すべきことに、キリバスとの『断交』をもって、蔡英文政権になっての『断交』国は7カ国となり、前の民進党政権である陳水扁政権に記録した6カ国を抜いた」とも伝えている。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 没問題***** | (2019/09/23 14:11)

    × 「キリバスが台湾との外交関係を断絶」  ⇒   〇 「中国共産党政府がキリバスに台湾との断交を強要」 
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mem***** | (2019/09/22 05:24)

    中国の植民地政策の始まり。 お金を餌に侵攻。内側から侵略されていく中国政府。 資本と同時に、大量の中国人が押し寄せ、やがて選挙権も得、 内政のコントロールを始め、中国共産党の意に添うように動き出す。 実質、植民地となり、現地人はやがて、それに気づき、独立運動が始まり 世界に向けて、SOSが発信される。 それを見逃せない、純な日本国民と政府は、命がけで、助けに行くが、 中国政府と共産党は、それを侵攻と言って世界に宣伝を始める。 アジアへ、満州へ、韓国へ、台湾へ。当時の太平洋戦争と同じ図式である。 歴史の評価は、口数と教科書の書き換えと洗脳。 今のうちに、中国共産党の進出を止めなければ、第三次世界大戦が始まるだろう。中国、韓国、ロシア VS 米国、日本、欧州連合 主戦場は、アフリカ大陸。金まみれ、中国の金で汚染された、アフリカ諸国からのSOSに答えなくてはならないだろう。…続く…。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • kot***** | (2019/09/20 23:57)

    アメリカと日本が助けるより他にないだろう。 マイクロンのように日本も台湾に大きな工場を次々と作ることだ。 中国の顔色を伺いながら友を見捨てたら後で後悔することになるぞ。 キリバスやソロモン諸島などは中国の借金漬けになってすぐに乗っ取られるよ。金に目がくらむ者はどこにでもいるから仕方がない。放っておけ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事