映画村?百貨店に「オールド北京」を再現、体験型の食品売場は熱気ムンムン!

配信日時:2019年9月21日(土) 10時20分
映画村さながら!オールド北京を体験できる「和平菓局」
画像ID  1127152
王府井といえば、北京市屈指の繁華街で、市民のほかに国内外の観光客も多く集まり、日夜を問わずにぎやかな通りだ。この通りにある「王府井百貨大楼」の地下2階に「和平菓局」がオープンし、話題となっている。
王府井(ワン・フー・ジン)といえば、北京市屈指の繁華街で、市民のほかに国内外の観光客も多く集まり、日夜を問わずにぎやかな通りだ。この通りにある「王府井百貨大楼(デパート)」の地下2階に「和平菓局」がオープンし、話題となっている。

その他の写真

「和平菓局」には、「炸醤面(ジャージャー麺)」をはじめ北京名物を集めたフードコートのほかに、北京の特産品も販売されているが、それだけ聞くと、一般の店舗と変わらないのではないかと思うかもしれない。

この「和平菓局」が注目を集めている魅力は、その空間演出にある。周りが閉鎖的な「地下」がもつ独特の空間を利用して、少し照明を落とし、オールド北京(老北京)の雰囲気を再現。エスカレーターをおりて、ここに一歩足を踏み入れると、あたかもタイムスリップしたかのような気分になる。

単なるレトロちっくなディスプレイだけではない、当時の日常生活のワンシーンのような臨場感あふれるセットも北京市民や観光客をひきつけている。北京の当時の生活風景を楽しむ観光客や“昔なつかし”のノスタルジックな気分に浸る市民で、週末には大行列もできるほどの盛況ぶり。安全面から、入場制限がかかるほどだ。ただ、雰囲気はレトロでも、モバイル決済はOKなところが面白い。

また、ここは、オールド北京の生活を垣間みることができるだけでなく、映画のセットに迷い込んだかのように、さまざまな擬似体験ができるのも人気。列車の中に座って撮影する人など、SNS映えするスポットも多く設定され、いたるところで撮影している姿が見られる。孫をつれた老夫婦や家族連れも多く、「昔はこうだったのよ」、「懐かしい!」「ああ、これこれ」という声があちこちから聞こえてくる。

「和平菓局」が販売しているのは、単なる商品だけではなく、こうした「思い」や「記憶」につながる体験で、訪れる人も特産品を買うに来るというより、これら「オールド北京」を目当てに来店しているようにみえる。店舗情報は以下の通り。「和平菓局」北京市王府井大街255号王府井百貨大楼B2(最寄り駅は北京地下鉄1号線「王府井」駅)(提供/フライメディア)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「オールド北京を体験できる和平菓局」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事