Record China

ヘッドライン:

日韓経済戦争の敗者は韓国?OECDの成長率見通しに韓国ネット落胆

配信日時:2019年9月20日(金) 14時0分
拡大
2019年9月20日、韓国・YTNは「世界経済に複合不況の脅威が近づく中、経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率見通しをまたも下方修正した」と報じた。

記事によると、OECDは19日、今年の韓国の経済成長見通しを2.1%と予測した。5月時点(2.4%)から0.3ポイントの下方修正。昨年11月時点(2.8%)からは10カ月で0.7ポイントも下がったことになる。

一方、韓国との貿易対立が続いている日本の経済成長率見通しは0.7%(5月時点)から1.0%に引き上げた。理由としては「日本の雇用状況が良いこと」を挙げたという。

また、世界の経済成長率見通しは2.9%で、5月時点から0.3ポイント引き下げた。

これに韓国のネットユーザーからは「文大統領が『韓国経済は日に日に発展している』と言っていたけど?」「韓国メディアは連日のように『日本経済が大きなダメージを受けている』と報じているのに、実際は韓国だけが下降しているの?」と驚く声が上がっている。

また「日本製品不買運動をしたところで何になるのか」「経済戦争の敗者は韓国だった」「安倍首相との戦いは文大統領の完敗だな」と嘆く声も。

その他「感情的な韓国と理性的に判断する日本。当然の結果では?」「文大統領は北朝鮮のことばかりで経済には関心がないから」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング