Record China

ヘッドライン:

ドニー・イェンの人気シリーズ最新作「イップ・マン4」、香港・中国・台湾で12月公開決定

配信日時:2019年9月20日(金) 21時40分
拡大
19日、アクションスターのドニー・イェンの人気シリーズ「イップ・マン(葉問)」の最新作「葉問4:完結編」について、香港・中国・台湾で今年12月20日からの劇場公開が発表された。
(1/4枚)

2019年9月19日、アクションスターのドニー・イェン(甄子丹)の人気シリーズ「イップ・マン(葉問)」の最新作「葉問4:完結編」について、香港・中国・台湾で今年12月20日からの劇場公開が発表された。

その他の写真

詠春拳の達人で、ブルース・リーの師匠でもあるイップ・マン(葉問)の人生を描くこのシリーズは、ドニー・イェンをトップスターに押し上げた人気作。2008年公開の「イップ・マン 序章」からスタートし、10年に「イップ・マン 葉問」、15年に「イップ・マン 継承」が公開されたのち、第4弾となる「葉問4:完結編」は昨年9月にクランクアップを明らかにしていた。

これまでカンフーと華人の誇りを守るべく戦い続けてきたイップ・マンだが、1935年の広東省から始まったこのシリーズも、第4弾では60年代を迎え、今度はアメリカが舞台に。武術館を開いてアジア人蔑視の現地人と対峙(たいじ)するブルース・リーを激励し、華人の未来のため再び戦うイップ・マンの姿を描いている。

前作までと同じウィルソン・イップ(葉偉信)監督がメガホンを取り、「イップ・マン 継承」から加わったアクション指導のユエン・ウーピン(袁和平)監督もそのまま参加。出演者の一部も明らかになり、人気ユニットF4出身のヴァネス・ウー(呉建豪)はじめ、英俳優スコット・アドキンス、ドニー・イェン主演の「SPL 狼たちの処刑台(17年)」にも出演したアメリカ海兵隊出身の俳優クリス・コリンズ、中独ハーフで15歳の期待の新人女優ヴァンダ・リー(李宛妲)といった名前が発表されている。(Mathilda

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング