Record China

ヘッドライン:

慰安婦集会に参加した韓国の小学生の感想、ネットで称賛の嵐

配信日時:2019年9月19日(木) 11時30分
拡大
18日、韓国・中央日報は、ソウル・鐘路の日本大使館前で毎週水曜日に行われている慰安婦問題解決を訴えるデモ「水曜集会」に小学生が参加したことを伝えた。写真は水曜集会の様子。

2019年9月18日、韓国・中央日報は、ソウル・鐘路(チョンノ)の日本大使館前で毎週水曜日に行われている慰安婦問題解決を訴えるデモ「水曜集会」に小学生が参加したことを伝えた。

記事によると、この日は1405回目の集会だった。参加した小学生は持参した手帳に「座布団を敷いて歌を聞きながら待った。黄色いスカーフと説明書をもらった。もう1405回目の水曜集会だ」などびっしり文章を書き留め、「光栄だ」と感想をつづっていたという。

約500人が参加する中、91歳の元慰安婦女性は「16歳の時、寝ていたところを女の子に呼ばれ、ふざけているのかと思って出たら一緒にいた軍人に連行された」「さまざまな暴行を受け『慰安婦』という名前を付けられた。自分から軍人の相手をしに行ったという意味だが、それはうそだ」と涙ながらに語ったという。

水曜集会は1992年1月8日、当時の宮沢喜一首相の訪韓を前に、日本大使館前で「従軍慰安婦強制連行認定と犠牲者に対する損害賠償」など6項目を要求したことが始まりだという。この日、慰安婦少女像の周辺を埋め尽くした参加者らは、日本大使館に向けて「公式謝罪」「法的賠償」などを叫んだ。参加者は特に10~20代の若者が目立ったと、記事は伝えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「大人として恥ずかしい。君たちのような子がいて幸せだ」「涙が出るね」「大人より一生懸命集会に参加してくれてありがとう」「こういう素晴らしい子どもがいて幸いだ」など、参加した小学生を称賛するコメントが殺到している。その他「親日議員たちはこの子から国と国民のために何をすべきか教わるといい」「役に立たない国会議員たちより、ずっと素晴らしい」「丸刈りパフォーマンスをするような議員は恥を知るといい」などの意見も寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング