<サッカー>「浦和の槙野のお祈りに爆笑」と中国メディア、中国ネット反論「で、負けたのはどっち?」「結果的には泣いたけどね」

配信日時:2019年9月18日(水) 20時20分
「浦和選手のお祈りに爆笑」と中国報道、ネット「結果的に泣いたけどね」
画像ID  1126398
中国のスポーツメディア・捜達足球は、17日に行われたサッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)浦和レッズ対上海上港(中国)の試合について、「浦和のDF槙野智章が見せた祈りがサポーターを爆笑させた」と伝えた。資料写真。
中国のスポーツメディア・捜達足球は、17日に行われたサッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)浦和レッズ対上海上港(中国)の試合について、「浦和のDF槙野智章が見せたお祈りがサポーターを爆笑させた」と伝えた。

槙野は試合開始前、右手を胸に当て、左の手のひらを見つめながら言葉を発した後、今度は左手の手首を口元に当て、右の手のひらをじっと見つめた。この一連の動作について、捜達足球は「槙野智章がまた“気”を出した。これは彼にとって『ハカ(ニュージーランドのマオリ族の民族舞踊。ラグビーの試合などで見られる)』のようなものだそうだ」と説明。「ACLの面白い一幕」「サポーターたちを笑わせた」などと伝えた。

この報道に対し、中国のネットユーザーからは「で、どっちが負けたのよ?」「結果的には(上海の)サポーターは泣いたけどね」など、4強に駒を進めたのが浦和だったことを指摘する声が上がった。

また、「いいじゃないか。少なくとも彼らには闘志がある」「笑える話をしよう。中国リーグのチャンピオンが日本で残留争いをしているチーム(浦和は現在15位)に負けた」「ピッチを散歩するだけ(の中国選手)よりマシだろう」「日本の選手には信念がある。中国選手は歓心を買いたいだけ」など、中国を皮肉るコメントが多数寄せられている。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事