タイに送られたパンダが突然死亡、中国ネットは怒り=「育てられないなら、借りないで」

配信日時:2019年9月18日(水) 19時20分
タイに送られたパンダが突然死亡、中国ネットは怒り
画像ID  1126379
中国からタイのチェンマイ動物園に貸与されていたジャイアントパンダのチュアンチュアンが16日、突然死亡した。写真はチュアンチュアン。
中国からタイのチェンマイ動物園に貸与されていたジャイアントパンダのチュアンチュアン(創創)が16日、死亡した。17日、中国メディア・頭条新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントが死因について指摘すると、中国のネットユーザーからは多くの反応が寄せられた。

2003年にメスのリンフイ(林恵)と共にタイに渡り、09年には赤ちゃんをもうけたチュアンチュアンは、同動物園の人気者で、先月には19歳の誕生日を祝う催しが行われたばかりだった。16日午後、チュアンチュアンは竹を食べた直後に突然倒れ、呼吸が停止して死亡した。

中国側は専門家を派遣して死因の特定を急いでいるが、頭条新聞は「窒息死と見られる」と指摘。また、中国メディア・封面新聞は17日の記事で、「死亡後にチェンマイの動物病院で撮られたレントゲン写真では、気管に白色の物体が写っていた」と報じた。

頭条新聞の投稿には、中国のネットユーザーから「かわいそうに。天国でゆっくり休んでね」「胸が痛い。異国の地で死んでしまうなんて」といったコメントが寄せられている。

また、14年の9月にはメスのリンフイについて「廉価で硬い竹を与えられたせいで歯が劣化している」と中国やタイのメディアが報じていたこともあり、チュアンチュアンの死を受けて、「中国国内のパンダが食べているような、柔らかい竹を与えられていなかったんだろう」「割り箸みたいな竹を食べて、喉につまらせちゃったのかな。ひどすぎる」「育てられないのなら、貸与なんて受けないでほしい」といった批判の声も上がった。

このほか、「タイではゾウも観光資源として虐待されている。動物を大切にしない国だ」「中国はタイとのパンダ研究協力をやめるべき」「残されたリンフイも、早く中国に返してもらおう」といったコメントも見られた。(翻訳・編集/岩谷)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/09/23 14:43)

    そもそもパンダを絶滅危惧種にした事が既にどうなんだって話だし、その上で絶滅危惧種を高いレンタル料と引き換えにレンタルしたり、外交の道具にして使ってるって所が既に間違ってると思うんだが。 パンダだって故郷から遠く離れた動物園に閉じ込められて暮らしたくはないだろう。 パンダを貸し出すんじゃなくて、世界各国から旅行者がパンダを見に行けるように色々と整備すればいいんじゃないのかね? 保護区までアクセスしやすくしたり、ホテルの手配に安全な食事。ボッタクリも無くせば言う事ないが、まあ、そこら辺は中国旅行のリスクとして旅行者に必須の知識かな。 最近は保護区でも数が減ってきてるっていうし、中国の管理もあんまり他国を非難できる立場でもないんじゃないの? まあ、温暖化を加速させてきた国の一つである中国だから、そういうものがパンダの生息環境に悪影響を与えてるとしても、自業自得ってさえ言えるけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ali***** | (2019/09/19 09:40)

    高いレンタル料せしめるために押し付けといて良くゆうよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
    21 1
  • 丹陽***** | (2019/09/18 22:14)

    んで中国は今度は損害賠償金として何十万ドル請求すんの? 神戸の時は50万ドル分捕ったよな >タイではゾウも観光資源として虐待されている。動物を大切にしない国だ 生きた馬をメリーゴーラウンドに使うのは良いのか? 中国も大概動物虐待が多く伝えられる国だよな そもそもジャイアントパンダで金儲けしといてよく言うわ
    このコメントは非表示に設定されています。
    45 3

最新ニュースはこちら

SNS話題記事