Record China

ヘッドライン:

<サッカー>浦和に敗れた上海の選手、試合後に審判に詰め寄る=中国ネット「また審判のせいに?」「中国リーグと勘違いしている」

配信日時:2019年9月18日(水) 12時10分
拡大
17日に行われたサッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)浦和レッズ対上海上港(中国)の試合後、上海のブラジル人選手オスカルが審判に詰め寄り、不満をあらわにする場面があった。写真は浦和レッズ対上海上港。

17日に行われたサッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)浦和レッズ対上海上港(中国)の試合後、上海のブラジル人選手オスカルが審判に詰め寄り、不満をあらわにする場面があった。中国のスポーツメディア・虎撲が伝えた。

同日の試合では、浦和が興梠慎三のヘディングシュートで先制すると、上海も王シェン超(ワン・シェンチャオ)のゴールで同点に追いついた。しかし、その後スコアは動かず試合終了。2戦合計3-3となったが、アウェーゴールの多い浦和が上海を下し4強入りを決めた。

試合後、オスカルは審判に歩み寄り、強い口調で不満をアピールした。だが、この行為に中国のネットユーザーからは、「また審判のせいにし始めた」「実を言うと、この試合の審判のジャッジは十分に良かった」「審判に問題はなかった。何の不満があるのか。PKでも欲しかったのか」「オスカルはここが(審判のレベルの低い)中国リーグだと勘違いしているんだよ」といった批判や皮肉めいたコメントが多数寄せられた。

中には、「本当に審判のせいにはできない。ドローでも運が良かった。中国リーグのトップクラブが日本の残留争いをするクラブ(浦和は現在Jリーグで15位)と同じレベルだということが証明された」といったコメントを残すユーザーもいた。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<サッカー>浦和と済州の乱闘騒ぎ、韓国のメディアやネットの反応は?=「これがサムライ精神なの?」「本当に恥ずかしい」

1日、埼玉スタジアム2002で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦の浦和レッズ対済州ユナイテッドの試合で乱闘騒ぎが起きたとのニュースが韓国でも報じられ、注目を集めている。

Record China
2017年6月1日 11時0分
続きを読む

ランキング