香港の抗日烈士記念碑に落書き見つかる―中国紙

Record China    2019年9月18日(水) 13時10分

拡大

中国紙・環球時報は18日、香港唯一の国家級抗戦遺跡となる抗日烈士記念碑に複数の落書きが見つかったと報じた。

中国紙・環球時報は18日、香港唯一の国家級抗戦遺跡となる抗日烈士記念碑に複数の落書きが見つかったと報じた。

記事は香港メディアの報道を引用。それによると、被害に遭ったのは「烏蛟騰抗日烈士記念碑」で、その台座に「逃亡犯条例」改正をめぐる抗議活動で用いられるスローガン「反送中」などの文字が書かれているのが発見された。

記事によると、烏蛟騰は広東人民抗日遊撃隊東江縦隊が設置した東江縦隊港九大隊の重要基地だった場所で、1942年8月16日(旧暦)に烏蛟騰村を包囲した日本軍は村民に武器の引き渡しを迫るなどした。村長や多くの村民がこれを拒否して命を落としたという。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携