空き缶でポップコーン作る動画をまねした14歳少女が死亡=人気YouTuberは関連否定も遺族への支援約束―中国

Record China    2019年9月19日(木) 13時10分

拡大

中国で今年8月、インターネット上の動画をまねして空き缶でポップコーンを作っていた14歳の少女が爆発によるやけどで死亡するということがあったという。

中国で今年8月、インターネット上の動画をまねして空き缶でポップコーンを作っていた14歳の少女が爆発によるやけどで死亡するということがあったという。

中国のテクノロジー系ニュースサイト「快科技」の9月17日までの報道によると、山東省棗荘市の14歳の少女が8月22日、近所に住む13歳の少女と一緒に、動画をまねして空き缶でポップコーンを作る際、高濃度アルコールに引火して爆発が起き、2人ともやけどを負い、14歳の少女が死亡した。

この事故が伝えられると、インターネット上では、キッチン用品を使わずに料理する動画を配信して日本でも話題になった中国の人気YouTuber「辦公室小野(オフィスの小野さん/Ms Yeah)」が2017年に配信した動画との関連を指摘する声が上がった。

快科技によると、「辦公室小野」側は9月10日、声明を出し、「少女たちがまねした動画は、当方が配信したものとは異なる」などと関連を否定。その上で、遺憾の意を示し、安全性に問題のあるすべての動画をチャンネル内から削除することなどを約束した。だが少女の父親は、「娘がまねしたのは辦公室小野の動画に間違いない」などと主張した。

「辦公室小野」側の代表者は9月16日、少女の家族と面会し、人道主義に基づき死亡した少女の姉弟の学費などを支援することを提案。最終的に和解が成立したという。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携