<コラム>引退を表明したジャック・マーが熱唱した歌は?

配信日時:2019年9月17日(火) 23時40分
<コラム>引退を表明したジャック・マーが熱唱した歌は?
画像ID  1126192
アリババグループのジャック・マー会長が先日の年会で正式に引退を表明。恒例のコスプレも披露、アリーナの特設ステージで熱唱するというニュースも流れた。ところが、日本のニュースではその歌に関して誰も指摘していないようなので、少し説明したいと思う。
●2019アリババグループ年会

その他の写真

以前から引退をほのめかしていたアリババグループ総帥ジャック・マー会長、先日のアリババグループ年会で正式に引退表明。その示唆に満ちたスピーチ内容も世界中に届けられ、多くの人が勇気づけられたと思う。また、アリババ社員に贈られた記念のワインボトルにハイテクなARメッセージを添えたことも話題となった。

そして、恒例のコスプレも披露、アリーナの特設ステージで熱唱するというニュースも流れた。ところが、日本のニュースではその歌に関して誰も指摘していないようなので、少し説明したいと思う。

●汪峰の名曲『怒放的生命』を熱唱

ステージのマー会長、パンクロッカーみたいないで立ちだが、披露したうちの1曲は中国ロックの大御所、汪峰のヒット曲『怒放的生命』(2005)。(画像1 熱唱するジャック・マー)パンクでもメタルでもなく王道を行く正統派ロックだ。同じく汪峰の『飛得更高』(2004)に続く、人生を切り開く希望を歌った元気の出る曲。スローテンポのAメロから力強いBメロというベタな展開という、彼の作品では似たようなテーマの曲が多いのだが、意外と聞き飽きない中毒性がある。

このマー会長の熱唱に汪峰本人が中国のSNSウェイボーでお礼のメッセージを投稿、マー会長の未来にエールを送った。前述のマー会長のスピーチ内容にあわせ、『怒放的生命』の歌詞を読み解くとまた元気を貰うこと間違いなしだ。歌詞は百度検索で出てくるのでぜひ参照していただきたいと思う。(画像2 汪峰のウェイボーより)

●名作ドラマ『北京青年』(2012)のテーマ曲に

変わりつつある若者の価値観を描いた都市ドラマ『北京青年』(2012)、親の言うことは聞かない、自分で結婚相手も決めるなど、一人っ子世代の考え方に対し、賛否両論を世間で巻き起こしたドラマだ。出演しているのは今も第一線で活躍している李晨、杜淳ら。公開時すでに彼らもアラフォーだったので「北京中年」ともいえそうだが、当代若者気質を表現した人気作品であった。

この『北京青年』(2012)のとあるシーンにて『怒放的生命』が劇中曲として効果的な演出をしている。深圳に流れ着いた4人兄弟(いとこ同士)とその彼女たちが暮らすアパートの中庭にて、みんなで創業に向け『怒放的生命』を合唱するという、歌声喫茶のようなちょっと暑苦しいシーンだ。名曲故、音楽の方が出演者を食ってしまっているほど印象深い。(画像3 『北京青年』にて)また、同じく劇中曲に『勇敢的心』(2007)、そしてエンドクレジットに流れる曲は『存在』(2011)といずれも汪峰の名曲が採用されている。

●坂本龍一+浜田省吾

日本ではごく一部のマニアのみ知る中国ロックの世界であるが、汪峰に関して少し紹介しておこう。彼はもともと北京の中央音楽学院という名門音大出身、付属小学校から入学、しかもバイオリン科ということでクラシック畑のサラブレッド、国内コンクール2位を獲得するなどクラシック界での将来を期待された。ところが在学中に仲間とバンド「鮑家街43号」を結成、一瞬クラシック楽団に就職したものの、そのままロックの道へ進み、あれよあれよという間にロックレジェンドとなってしまった。学歴は坂本龍一、ポジションは浜田省吾という日本の大物ミュージシャンをニコイチにしたような人なのだ。私生活では大女優章子怡(チャン・ツィイー)と2015年に再婚したことでも知られる。

現在はアルバム制作、ライブといった音楽活動とともに、『中国好声音』『一起楽隊吧』といったオーディション番組の審査員を務めたりと相変わらず忙しそう。(画像4 『一起楽隊吧』より)

数々のヒット曲に加え、お笑い芸人のものまねネタにされたりしているので、中国ではわりと誰でも知っているような人物である。また、『我愛你中国』が北京オリンピックの応援ソングなったりと、大物になりすぎた感もする。このあたり、ライブ中心の現役ロックミュージシャンにしてみれば、すでに検閲で死んだ中国ロックが「2度死んだ」と思うかもしれない。しかし、以前こちらのコラムにて紹介した中国共産党政府のキャンペーンソング「”中国夢”主題新創作歌曲」には、お声はかかっていないようだ。いや、彼ほどの大物なら既にオファーはありそうだが、今のところ政府の御用歌手にはまだなっていない。完全に御用歌手になったロックシンガーもいるので、その点ではまだ救いがある。

●汪峰おススメの1曲

キャリアも長く名曲、ヒット曲の多い汪峰、あえて1曲選ぶとしたら非常に悩む。『光明』か『春天里』を推そうかと考えたが、せっかくなので、ここは前述のドラマ『北京青年』のエンディング曲に採用された『存在』をオススメしたいと思う。ざっくり歌詞は、煩悩、矛盾を抱えながらもそれが人間、前に進もう、と勇気づける内容である。中文字幕付きのPVは中国の動画サイトやYouTubeにあるので、映像とともに汪峰ワールドを味わっていただきたい。(画像5 『存在』PVより)中国ロック入門にも最適な汪峰なので、ここから中国ロックのルーツ崔健まで遡るもよし、いまどきのデプレ『葬屍湖(Zuriaake)』まで突っ走るもよし、巨大な中国ロックの世界に触れてみてはいかがだろうか。

■筆者プロフィール:岩田宇伯
1963年生まれ。愛知県瀬戸市在住。前職は社内SE、IT企画、IT基盤の整備を長年にわたり担当。中国出張中に出会った抗日ドラマの魅力にハマり、中国語学習の教材として抗日ドラマを鑑賞。ブログ、ツイッターで中国ドラマやその周辺に関する情報を発信中。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事